育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

とあるお客様ご夫婦に永遠の愛を見ました

思いがけず雪が降りました。

 

 

一日曇りの予報に反して

一日中雪が雨が降り続きました。

 

 

そしてとても寒い一日でした。

 

 

 

とあるお客様ご夫婦のその後です。

http://sakiiro.hatenablog.com/entry/2018/01/26/224445

 

 

あれから

奥様はご自宅に戻られることはありませんでした。

 

 

 

奥様が入院された病院が

子ども達の剣道の練習に行っている場所から

すぐのところだったので

 

会社の上司に相談し

お見舞いに行きました。

 

 

それがこの前の日曜日。

 

 

奥様に似合う

黄色系のお花を作ってもらい

メッセージを添えて

教えてもらった病院に向かいました。

 

 

ご主人のお話だと

もう呼びかけには応えられない状態だということでした。

 

 

 

いつものように

笑顔で

「奥様に似合うお花をお持ちしました。どうですか?」

とお話しようと決めていました。

 

 

 

 

しかし

受付でお名前を言った瞬間の

スタッフの方の表情で

 

間に合わなかったんだと判りました。

 

 

 

それから数日は

ご主人の事が気掛かりで仕方ありませんでしたが

 

やはり色々とお忙しいだろうと思い

今日のお伺いになりました。

 

 

ご主人は

母屋の方にテレビを見るでもなく

椅子に座っておられました。

 

 

それは

奥様の側を片時も離れまいとする意思を感じさせました。

 

 

ご主人のお顔を見て

「すみません、間に合いませんでした。」

と涙が溢れました。

 

 

ご主人が

奥様の元に連れて行ってくれて

「ほら、来てくれたんだよ。」

と奥様に話しかけます。

 

 

とても穏やかな表情で

眠っておられました。

 

 

「最期は痛がったり、苦しんだりされなかったんですね。」

と尋ねると

 

「段々呼吸の感覚がゆっくりになって、眠るようにスーッと息を引き取ったんだよ。」

と話されました。

 

 

 

私が最後にお会いした時は

とても苦しそうに

痛くてたまらないと仰っていたので

 

痛がったり苦しんでおられないだろうかと

心配でした。

 

 

「もう痛くなくなってよかったですね、奥様。私、奥様が言ってくれた事、ずっと忘れないです。本当にありがとうございました。」

と最後に心からのお礼をしました。

 

 

 

 

ご主人は

奥様の思い出話をしては涙を流されていました。

 

 

何度も何度も繰り返し仰っていたのは

「散々喧嘩したけど、最後に一緒の墓に入ってもいいって言ってくれたんだよ。」

という素直になれない奥様からの

最期の素直な告白のお話でした。

 

 

 

「俺、カミさん居なくなったらもういつ死んでもいいって思ってたんだけど、カミさんが生きろって言うから頑張って生きないと。」

とも仰っていて安心しました。

 

 

 

 

お客様ご夫婦

ご結婚されてから48年だそうです。

 

 

「本当にあっという間だった。」

とご主人は話されていました。

 

 

きっと私達もそうなのでしょう。

 

 

子ども達を育てるのに必死な今は

それが永遠に続くような錯覚をしてしまいますが

それは瞬く間に過ぎて

子ども達に子どもが生まれ

その子達もあっという間に大きくなり

 

そして

私達のどちらかが先に旅立つ。

 

そして最後にはふたりとも。

 

 

 

「俺が向こうにいったら、また喧嘩ばっかりだな。」

そう言って笑うご主人。

 

 

一生を終えても尚

奥様と一緒に居たいという永遠の愛を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷点下の朝がツラくて…そしてツライ

朝の冷え込みが厳しいです。

 

0度を下回ると

身体に堪えますね。

 

洗濯物を干しに

ベランダに出るのが苦痛で苦痛で(涙)

 

 

 

何とか朝の支度をして外に出た途端!

 

 

 

既にくじけそうです…(涙)(涙)

 

 

 

さ〜む〜い〜

 

 

 

その一言に尽きます。

 

 

暖かく…なんて贅沢は言わないので

せめて朝が5度・6度あると有難いです(涙)

 

 

 

 

さてさて

こちらに引っ越してきて丸2年になります。

 

 

家賃もさほど安くない

今の賃貸から引っ越す目処が立ちそうですよ。

 

 

ごく至近の距離に

中古のマンションを購入出来そうなんです。

 

 

探しに探した物件の中でも

ピッタリと条件に当てはまった物件です。

 

 

上手くすれば

4月までには新しい住まいに引っ越しが出来そうです。

 

 

 

 

新しい住まいは嬉しいのですが

その前に厄介な試練が…

 

 

 

 

引っ越しです……。

 

 

 

 

全て引っ越し屋さんに頼む程の予算も無く

 

何とかして自分達で

出来る限りは運ぶようになるでしょう。

 

 

 

 

こちらに引っ越して来る前に

かなりの物を処分したつもりでした。

 

しかし

たった二年でも物は増えるものですね(汗)

 

 

 

特に着なくなった服の山!!!

 

 

 

年末の大掃除の時に

処分出来なくて

未だ山積み状態の着なくなった服。

 

今度こそ処分して

スッキリとした新生活をスタートさせたいです。

 

 

 

どうか今度の引っ越しで

永く落ち着いて生活していけますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とあるお客様宅でこの仕事の中での自分の在り方を考えさせられました

今日も冷え冷えとした1日でした。

 

 

冷蔵庫の中の方が

温かいのではと思える程

冷え冷えとしていました。

 

 

しばらくは

道路の雪もこのまま残ってしまいそうですね。

 

 

 

 

昨日

とあるお客様宅へお伺いさせて頂いたのですが

http://sakiiro.hatenablog.com/entry/2018/01/11/224209

 

 

お客様宅へ向かう途中の道で

ご主人とバッタリお会いしました。

 

 

「カミさん、もう危ないんだよ。会ってやってくれないかな。」

 

 

実は昨日は

早めに仕事を終わらせ

長男の二分の一成人式に行く日でした。

 

 

しかし

奥様のことが心配だったので

ご主人にこの後の予定を伝え

奥様にお会いすることにしました。

 

 

奥様は

何も食べていないのか

お顔が小さく小さくなってしまい

 

相当お辛いようで

目にタオルを掛けて横になっていました。

 

 

私が声を掛けると

無理をされておられるとは思いますが

少し話されたので

「明日また来ますので、お元気なお顔を見せて下さい。」

と言って昨日はお宅を後にしました。

 

 

今日も

早めにいつもの仕事を終わらせ

お客様宅へお伺いしました。

 

 

祈るような気持ちでした。

 

 

ご主人は私の顔を見ると

とても嬉しそうに

「ああ、来てくれたんだ。ありがとう。」と

笑顔を見せてくれました。

 

 

やはり

横になって目をつぶってしまい

相当お辛い様子で

奥様はそこにおられました。

 

 

「奥様、今日はどうですか?」

と声を掛けると

 

「ああ、アンタか。いやね、体中痛くて堪らないんだよ。」

とそれでも声はしっかりとしています。

 

 

「アンタが持って来てくれたヤツ、一本飲ませてよ。」

と奥様は言って

私は奥様の身体を起こして

自分の持って来た商品を飲ませて差し上げました。

 

 

 

(「アンタ、感じ良いから買ってやるよ。)」

奥様との最初の出会いを思い出しました。

 

 

「そう言って下さって

奥様がお客様第一号になったこと

私は忘れませんよ。」

とお伝えすると

 

 

ご夫婦とも

「そうだったんだ。」

と嬉しそうでした。

 

 

それから

かなり無理をされているとは思いますが

少しお元気そうに

いつものように他愛もないお話をしました。

 

 

そして

「どうだい?私の話は今日も為になったかい?」

と言った後に

「アンタとの付き合いもあとどれくらいになるだろうね。」

と少し寂しそうに呟きました。

 

 

「私が仕事を続ける間は、ずっと続きますよ。」

そう返すのがやっとでした。

 

 

この後

病院に行かれると言う奥様。

 

 

多分

この状態で自宅に戻られることは

難しいだろうと

今冷静に考えると思います。

 

 

だけど

「来週も来ますので、また楽しいお話をしましょう。」

と本気で私は言ったのです。

 

 

 

 

私は一体何をしたいのだろう。

そう思いました。

 

 

だけど

このご夫婦のお陰で

ハッキリと浮き彫りになった気持ちがあります。

 

 

私は商品を買ってもらうだけの販売員ではなく

 

ちゃんと人間対人間のお付き合いができる

 

お客様の生活の一部となれる

 

そんな存在でありたいんだと。

 

 

来週もお会いできるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

大雪警報が出され…次男はインフルエンザに

外は雪がたくさん降っています。

 

 

思ったよりも早くに

降り始めた雪は

予報通り数センチ積もってしまいそうです。

 

 

本来ならこの雪の中

仕事で凍えている頃ですが

今日は自宅にいます。

 

 

次男が昨日から熱を出していて

今日診てもらったところ

インフルエンザB型にかかってしまったということ。

 

 

年末に

次男を除いた四人がA型にかかったのですが

今回はB型ということで

もしかしたらまた一家で発症するかもしれません。

 

 

北関東に住んでいた時は

インフルエンザとは無縁の生活でしたが

こちらに越してきて2年

毎年A型もB型も両方かかるという

常連さんになってしまいました(涙)

 

 

今年は予防接種もしっかりとしたのに(涙)

 

 

あぁ…

奇跡的に他の家族に移らなければいいです(涙)

 

 

さて

学校の下校時刻になり

外で子ども達の声がするようになりました。

 

 

先程

長男も帰宅してきたのですが

手袋を持って外へ遊びに行きました。

 

 

子ども達にとっては

雪は嬉しいものですよね。

 

 

私もかつてはそうでした。

 

 

農家である私の実家では

雪になると仕事が休みになるので

たくさん積もった雪で

両親と一緒に大きな雪だるまやかまくら

作ったものです。

 

 

子どもの手では

到底作れないような大きな雪だるまが

出来上がり

かまくらの中で遊んだりして

雪は楽しいものでしかありませんでした。

 

 

何より

両親が真剣に雪だるま作りに

取り組んでくれるのが嬉しかったのかもしれません。

 

 

ある程度大人になってからも

冬になるとスノーボードに行っていたので

雪を見ると滑りたい衝動に駆られ

嬉しくなっていました。

 

 

なので

普通の人よりは

雪に対しての嫌悪感は無い方だったと思います。

 

 

ここ最近は

スノーボードへ行く事も無くなり

やはり雪でもしなければならないことが

沢山出来てしまったせいか

雪を面倒だと思うようになりました。

 

 

我ながら

寂しいことです…。

 

 

 

こうして我が子や近所の子ども達が

雪で遊んでいるところを見ると

何だかホッとしますね。

 

 

やっぱり

年に数回しか降らない雪は

少なくとも子ども達にとっては

嬉しいものであって欲しいです。

 

 

とあるお客様ご夫婦の奥様の弱音を初めて聞きました

今日は朝よりも

日中の方が風が冷たく寒く感じられました。

 

 

また寒さが厳しくなるようですね。

 

 

鏡開きということで

新年を迎えてから

既に10日も経っているという現実に驚いています。

 

 

 

 

以前にも書いたのですが

とあるお客様ご夫婦のその後です。

http://sakiiro.hatenablog.com/entry/2017/11/20/221221

 

 

今日はそのお客様宅に

お伺いする日でした。

 

 

珍しくご夫婦ともに母屋で過ごされていました。

 

 

そして驚いたことに

これまた珍しく

奥様がお布団に横になってしまっていて

ご主人が椅子に腰掛けていました。

 

 

思わず

「大丈夫ですか?」

と声を掛けると

 

 

奥様から

これまた本当に珍しく…

 

いえ。

初めて弱音を吐いたのです。

 

 

「あのね。

この病気はね、治療をしてから三年生存できる確率が40%なんだって。

 

それを私は三年半も生きたんだ。

もう十分なんだよ。」

 

 

よく聞くと

ここ数週間で急激に病状が悪化して

ちょっとした傷口が治らなくなってしまい

もう歩くことも辛くて堪らないということでした。

 

 

きっとこれまでだって

あちこちが痛かったり

怠かったり

決して体調が良かったわけではなかったはずなんです。

 

 

それでも

飲みに行ったり

パチンコに行ったり

絶えず何処かへお出掛けされていた奥様が

もうお布団に入ってしまって

らしくない言葉を並べている…

 

そんな状況が

どれだけのことか

私にも判りました。

 

 

「病気になってから

いつ死ぬかもしれない三年半、

私はね、生きるってことがどういう事なのか

つくづく考えたんだよ。」

 

 

確かにそうだったかもしれません。

 

 

お客様としてお付き合いさせて頂いてから

一年半。

 

 

私の目から見て

奥様は常に何か葛藤されているようだと

感じることが多々ありました。

 

 

ご主人に散々無理を言って

困らせたのも

 

他にぶつけようの無い恐怖とか不安とか

そんなのを表現する手段だったように思えます。

 

 

少しだけ弱音を吐いた奥様ですが

最後にはいつもの調子に戻り

「今日も私の話は為になったかい?!」

と笑顔を見せてくれました。

 

 

そんな奥様が

「あんただったら、仕事でも子育てでもきっと大丈夫だよ。あんたみたいな素朴なのがいいんだよ。」

と言って下さるのが

とても嬉しかったりしました。

 

 

「来週もまた奥様の、為になるお話を聞かせて下さいね。」

と少し冗談混じりに

だけどとても切実な願いを込めて

今日はお客様宅を後にしました。

 

 

いつもはギラギラとした

鋭い眼光の奥様の目が

とても穏やかに見えたのが

とても印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年が明け実家にてゆっくりと過ごしています

f:id:sakiiro:20180102224146j:image

 明けましておめでとうございます。

 

 

昨日から

実家でのんびりとお正月を過ごしています。

 

 

本当に

秋くらいから年末にかけて

怒涛の数ヶ月間だったので

こんなにのんびりしていいのかなってくらい

のんびりしています。

 

 

広いお家と広いお庭で

子ども達も

思い思いに駆け回り

伸び伸びとしています。

 

 

お正月料理は

とても美味しいし

数の子、カニ、牛タンが目白押し。

 

 

ビールが進む進む。

 

 

最高!

 

 

お正月最高!!

 

 

 

 

ふと

自分が実家の立場になった時のことを

考えました。

 

 

私は

子ども達が帰省したところで

これ程のご馳走を用意してやれるだろうか…(汗)

 

 

ぽかんとする長男と長女に

「大人になってもちゃんとお家に帰ってきてね。」

と縋り付く母親でした(涙)

 

 

しかし

早いもので

30日から始まった年末年始のお休みも

明日を残すのみとなりました。

 

 

年末年始の

暴飲暴食とも言える

荒れ果てた食生活も

 

好きなだけぐうたらしたお正月も

 

また明日への活力となりました。

 

 

仕事が始まり

学校が始まったら

新たな怒涛の一年が

本当の意味で幕を開けます。

 

 

今年は

もっともっと良い年になる

そんな予感がしています。

 

 

今年の年末にまた

今年も頑張ったな、私。

 

そう思える一年にしたいです。

 

 

前だけ向いて

頑張っていきましょう。

クリスマスが終わりいよいよ大掃除を残すのみ

クリスマスが過ぎて行きました。

 

 

何とかサンタさんの

プレゼントの準備

間に合ったようですね…(汗)

 

 f:id:sakiiro:20171227215611j:image

 

朝起きてきて

一気に眠気も吹き飛ぶ 喜びようでしたよ。

 

 

サンタさんもきっと

苦労して準備した甲斐があったと思います。

 

 

長男は

ニンテンドースイッチ

 

 

長女は

プニジェル3D。

 

 

次男は

アンパンマンのお勉強セット。

 

 

 

特に

ニンテンドースイッチ

サンタさんもかなり苦労したんではないでしょうか(汗)(汗)

 

 

大切に使って欲しいですね。

 

 

それにしても

引っ越してきて良く感じることですが

この辺りの子ども達は

実に素直で純粋です。

 

 

地方暮らしだった頃は

小学生も四年生くらいになると

サンタさんを信じているのがごく僅か

というイメージでしたが

 

 

こちらでは

普通に六年生になっても信じている子が

多いんですね。

 

 

なので

今回も長男は信じているのかいないのか

実際のところはどうか判りませんが

学校に行って

「サンタさんからニンテンドースイッチ貰った!」なんて話して

馬鹿にされたら可哀想だと思いましたが

 

 

意外や意外

皆んなでワイワイと

自分はこれを貰った、

私はこれとこれを貰った、

なんて先生も交えて話したそうで

 

 

何だか

とてもほっこりと嬉しく

温かな気持ちになりました。

 

 

親御さん達が皆

子どもの気持ちを大切に思っているのが

とても伝わってきて

いい地域なんだなと思いました。

 

 

 

 

さてさて

クリスマスも終わり

今年もあと一週間を切りました。

 

 

残されたのは大掃除ですね…

 

 

少しずつでも進めていればよかったと

毎年思うのですが

ここのところ土日となると予定があって

 

いつものことながら

…何もしていません…。

 

 

キッチンの油汚れ

お風呂のカビ取り

ベランダも綺麗にしたいな

 

それから毎年悩む

着なくなった服の処分。

不要な布団の処分。

 

 

休みに入った二日間で

一体どこまで出来るやら…。

 

 

とにかく

仕事はあと2日。

 

 

体調を整えて臨みます。