育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

とあるお客様の笑顔の裏の寂しさ

暑いですね。




この地域は

雷や雨雲も避けて通るのでしょうか。




昨日も

夕立ちの予報が出ていたのに

結果的に一滴も降らず。




夕立ちのお陰で

少し気温が下がるのを期待していたんですが…(汗)








普段

私の昼食は仕事が終えてからの

14時半頃になってしまっています。




それが最近では

金曜日のみ

正午にバランスの良い

美味しい昼食を摂ることが出来ています。




とあるお客様宅にて

ご馳走してもらえているのです。




このお客様

昨年12月に担当になってから

徐々に徐々に

距離を近付けてきました…




私が、ではなく

お客様の方から、です。




引き継ぎの時に

このお客様

仲良くなると昼食をご馳走してくれるから

と聞いてはいたのですが。




半年かけて

徐々に仲良くなり

わざわざ私が伺う時間に合わせて

ご飯を炊いて

おかずを用意して下さるように。







先週は

少しお伺いする時間が遅れてしまうと


「今日は来ないのかと思ったよ。

一人寂しくお昼ご飯食べるのかと思ったよ。」

と安堵の表情。




そして

炊きたてのご飯と

焼き魚とゆで卵、

野菜のピクルスを

お腹いっぱいご馳走になりました。




お客様の用意して下さる昼食は

本当に美味しくて

ペロリと平らげてしまう私を見て

満足そうに

「よかったよ、来てくれて。

一人で寂しく食べるところだった。」

と目を細めるのです。




お客様は70代の女性で

5年ほど前にご主人を亡くされたから

お一人暮らしです。




ご主人が健在の頃は

食べるのが大好きなご主人の為に

毎食自慢の腕を振るっていたそうです。




「うちのお父さんは…」

と毎回ご主人のお話が出てくるので


ご主人の事が

本当に大好きなんだな

というのが良く伝わってきます。




それと同時に

ご主人を亡くされて

食事を一人で摂ることを

とても寂しく思われていることも…。




このお客様宅には

毎回平均一時間程お邪魔させて頂くようになっています。




その間

お客様はずっとお話されるわけでもなく


ただ一緒にお茶を飲みながらテレビを観て

時々話題を振られてお話しし笑い

そしてお昼ご飯を食べる。



そして最後に

商品を購入されて

丁寧に見送られて帰ってくるのです。

(必ずお茶菓子を持たせてくれます。)




一体

どっちがお客様だと言われそうな

お仕事です。




でも

このお客様

どんな人にもおもてなしを

という精神の持ち主で

それが当たり前だと言うのです。




そんなおもてなしスピリットに

最初は戸惑いましたが


このお客様の場合

それを喜んで受ける事で

顧客満足に繋がるのが分かったので




今週も

喜んでお昼ご飯をご馳走になろうと思っています。





というより

先週の

「今度は得意料理のチヂミを作って待ってるよ。」

という言葉に


個人的にとても楽しみにしちゃっているだけなのですが。



見てないようでよく見てる担任の先生

夏本番の暑さになりました。




今日は35度くらいまで

上がったでしょうか。




こうなってくると

もう何をしていても暑い!




何もしていなくても

額から

汗が流れてきました。





こんなのも

今年は初ですね。











もう少しで

子ども達も夏休みです。





今週は

長男、長女の担任の先生と

個人面談がありました。





長女の方は

まだ二十代の若い男性の先生です。




新学期が始まってすぐ

学校に行くのを渋るようになり


一度お会いしてご相談させて頂いていました。




その後も

お友達とのトラブルがあったりで


何度かお電話も頂き

お話させて頂いているので

その話の続きという感じでの面談になりました。




お陰様でここのところ

そういうトラブルは起きていないので


実力テストの結果の報告を受け

今やっている学習の内容や

クラスでの生活の様子などを聞いて

終わりになりました。





そして長男の方は。




三年生からの持ち上がりの先生で

やはり男性の先生ですが

とても落ち着いた雰囲気で

どっしりとした安心感のある方です。




当然

私よりも年上だと思っていたのですが

つい先日

まさかの二歳年下が判明し

驚かせて頂いたところでした。





この先生

いつもニコニコと穏やかな性格の先生のようですが


長男曰く

「今まで出会った中で一番怖い」

そうです。


   


担任になってから

既に一年以上は毎日会っているのに

まだ一度も本気で怒った姿を見ていない

ところが

逆に相当怖いらしいです。




四年生ともなれば

やはり大なり小なり悪さをするクラスメイトはあります。




それを叱る時も

冷静に「立ちなさい!」

と言われ

反省文を書かされるそうなんですが


いつもニコニコしているので

その冷静な「立ちなさい!」が

やたらと威圧感を感じるのでしょう。






教室に入ると

やはりにこやかに迎えて下さり

「いかがですか?四年生になって…」

と穏やかな口調で話されます。





おそらく

学校ではいい子ぶっている長男の

本性を暴露すべく


自宅での

反抗的な態度や

宿題を済ませた等の嘘

困っている事を話しました。




先生はそれをじっと聞いた後

静かに長男の学校での様子を話されました。





それは

私の知らない学校での長男の姿と

「おそらく」と付け加えて話されたのは

正に長男の性格そのものでした。




クラス30数人の児童一人一人を

ここまで分析して見ているのかと

感心せずにはいられませんでした。




最後に

「(長男)さんは、とても力を持った子だと思います。しかし、それを良い方に向けるのも悪い方に向けるのも、本人次第です。」

と締めくくりました。




先生のお話によると

長男の言動や考え方は

5、6年生と同じようで

とても大人びているということでした。




ホントかな…

あのワガママ発言のどこが大人だろう…

という疑問は飲み込みましたが。






帰り際

「ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。」と

頭を下げながら思いました。






(先生、お腹まわりがちょっと気になるんじゃないかな…)





ウチの主人と一緒に

防風通聖散(お腹の脂肪に効く漢方)」

試してみませんか。








二人の男の子達が似過ぎてオモロ過ぎる

今週は梅雨らしいお天気が続きました。




今日もどんよりとした梅雨空が広がり

午後からやっと

陽が射してきたかと思ったら

蒸し暑くてかなわんです。




今日は

小学校の夏フェスタの実行委員会で 

集まりがありました。




私は当日

かき氷のブースを担当しますが


やはり

夏祭りの代名詞と言っても過言ではない程の

人気者であるかき氷ですから

当日は大変だと思います(汗)







ようやく

子ども達が眠りに就きました。




長女は

就寝時間になると


必ず愛用の毛布をくわえ

その感触を楽しみながら

五分と経たずに深い眠りに入っていきます。




長女は

赤ちゃんの頃から

寝かしつけがとても楽な子でした。




お腹をいっぱいにしてやり

そこら辺に横にしておくと

一人で眠りに就いてくれるのです。




母親である私が

手を余してしまうくらい

楽に子育て出来た赤ちゃんでした。



 



男2人はそうはいきませんでした(涙)




顔もそっくりですが

あらゆる面でそっくりな二人です。





赤ちゃんの頃から

お腹がいっぱいでも

とりあえず起きてます。




ひたすら

起きている努力をします。




眠くなってグズグズしても

泣きながら

とりあえず起きてます。





「眠いなら寝ればいいじゃん!!!」




まだ言葉もわからない二人に

何度言ったことか(涙)(涙)。





そして

寝ないくせに

隣に私が居ないと悲しみます。




長女とは

顔と顔を寄せて

引っ付いて眠ったことはありません。

(したくても拒否されます……)




しかし

男2人はこれでもかってくらい

引っ付いて眠りたがります。




寒かろうが

暑かろうが

御構い無しに引っ付いてきます。





実は

先程までベッドに入っても

騒いでいた男2人でしたが


両脇に抱えてやり

脚をマッサージしてやったところ



まさかの

同時に眠りに就きました。




ピッタリ同時に寝息が聞こえた時

(しょーもない2人だなぁ…。)

ととても愛おしく思いました。




アホ過ぎて

オモロ過ぎて


可愛過ぎます(キュン…)




以上。

親バカの戯言でした。









気温差による疲れもぶっ飛ぶ!次男の一言

やはり疲れが残っています。




よくよく自分の身体を考えてみたら


肩が凝り過ぎて

首の付け根に

コリコリとした凝り固まりのようなものがあり、


どうやら

そこを庇うように動くので

体全体に負担が掛かっているようなのです。




今日は

子ども達の剣道も無いことだし

食事を済ませたら

整体へ行ってこようと思っています。





それで少しは楽になるといいです。






今さっき

夕食の準備が大体終わりました。




少し時間があったので

何日か食べられるといいな、と思い


ポテトサラダと

ひじきの煮物と

南瓜の煮付けを少し多めに作りました。




久しぶりに

ゆっくりお料理して

楽しかったです。




いつもは時間に追われまくる

クッキングタイムですからね!





それともう一つ

今日はこの肩凝りと疲れに効く出来事が…




次男を迎えに行って来て

夕食の支度にはまだ早いかなと


座椅子に身体をダラリと預け

次男とテレビを観ていました。




ふと次男

私の胸部をチョイ!と触りました。




もうお婆さんと同じで

膨らみなど全く無い胸です(汗)




それでも

主人や兄姉達よりは

感触があったんでしょうね。




「何が入ってるの?」

と問う次男




「何だろうね、何が入ってるんだろうね?」

と反対に質問をぶつけてみると…









「お相撲さん!」









意外過ぎる答えが返ってきました。


笑笑。





パットを入れるどころか


もはや

お相撲さんを入れて

詐称する私……笑。




思わず大笑いしてしまいました。





この一言のお陰で

夕食の支度に気合が入ったと言っても

過言ではありません。




ありがと、次男ちゃん。





一刻の猶予もなく一日が終わってく

今日は

雨が心配されましたが

朝のうちに纏まって降ってから



時々小雨が降ってくる程度で

昼頃には青空が見えていました。




曇りの予報をすっかり信じてしまい

UVケアを怠ったせいで

手の甲が

更に茶色くなってしまいました(汗)






今日は朝から晩まで

忙しい一日でした。




まず

午前中の仕事が立て込んでしまい

かなりバタバタと時間が過ぎました。


  


ひと息ついて

午後から割とスムーズにいって


予定通りに帰宅する事は出来たのですが。





帰宅して

アイスコーヒーを飲みながら

遅いランチでパンを食べました。




それから

少しして長女が帰宅したので

次男を保育園に迎えに行きました。




時計を見ると

もう剣道の稽古に向かわなくてはならない時間。




なのに長男がまだ帰ってきません(汗)




自宅の前の道路を

長男が歩いて来ないか見てみるも

姿は見えず…。




(長女を先に送って、後から長男を迎えに来るか…。)




なんて考えてると




なんと

いつもと反対側から長男が帰宅!




しかも

心配顔の私を他所に

ニヤニヤと帰ってきました。




思わず

ムッとせずにはいられません!!




兎に角

長男を急かして車へ乗せて

道場へ向かいました。




何とか稽古に間に合い

ホッとしたのも束の間。




防具をつけての稽古が

今日で2回目の長女、


面つけをした途端

面が頭に当たって痛いと泣き出しました。




いや、

ちょっとシクシク泣くくらいならまだしも









ワンワン泣いてまして………。






先生や他の子達やお母さん方まで

その場が騒然としてしまい

かなり焦りました。




しかも全然泣き止まない長女…。




とりあえず

落ち着かないと

面の付け直しも出来ないので

一度洗面所へ行って落ち着かせようと

試みました。




長女の性格上

こうなってしまうと長いのは知っています。




大体

自宅でこうなってしまった場合

放っておくのが一番なんですが


この場に限っては

そうはいかないので



あの手この手で

何とか落ち着かせようと必死でした。






そして数十分

頑張ってみましたが


やはり自体は収まらず

無理に面を付けさせて


「残り数分だけでも、我慢してやって来い!」と

強引に稽古に入らせてもらいました。




もう

面倒を見てくれた

5年生のお姉さんと

心配してくれたお母さん方には

頭が上がりません(汗)(汗)




こんなことが起きている最中

次男はそこいら中、駆け回っていて

それを捕まえて

大人しくさせる役目もあり……。





変な汗がドッと出て

一気に疲れてしまった事件でした。




それから

長女の稽古が終わって

長女と次男を連れて自宅へ戻り

主人に二人を任せ



また道場に戻り

長男の稽古が終わるのを待ちます。




そして

長男を連れてようやく帰宅し

夕食を食べると




主人とお風呂に入った次男

寝かしつけます。




これがまた

寝なくて寝なくて…。




途中途中で

家のことをしたり

お風呂に入ったりしながら

何とか次男が眠りに就くと


やっとこ一日が終わります。






いやー。



疲れた一日だったなぁ。





主人の

たるんだお腹が

やたらと鼻につく今夜です。










歳のせいで色んな心配が出てきます

今日は一日中雨かと

覚悟して出勤しましたが


大した降りにならなくて助かりました。





今日辺りから

ボチボチ梅雨入りと思いましたが

今週末くらいは大丈夫そうですね。





寧ろ、暑さに注意です。








この一、二年で

中年ならではの悩みや心配事が

多くなってきました。




お肌の悩み


髪の悩み


もちろん

子どもの将来のことや

お金のこと。




そして

自分の身体のこと。




先日は

長男の剣道の試合で

観戦しているだけで

胃にとても負担が掛かりました。




それだけなら

まだ笑いごとで済まされるのですが


その後

試合が終わって少ししてから

軽い貧血のような状態になってしまい

一人トイレで休んだりしていました。




そして次の日は

月曜日で休めない状態なのに

下っ腹がやたら痛くて

立ち上がるのも辛いくらい。




確かに排卵日付近ではありましたが

あんなに痛んだのは初めてでした。




そこで

婦人科系の心配が出てきて


今日

婦人科で診てもらうことにしたのです。




引っ越してきてから

初めての婦人科。




何処が良いのか

さっぱりわからず

とりあえず一番近所の婦人科に

行ってみました。





症状を話すと

子宮癌検診を兼ねて内診で診てみましょう。と。




(内診かぁ…。)




私は

妊娠中から内診がとても苦手です。

(得意な人なんていないか…)




診察室を移動し

下半身裸になり

内診用の椅子に座ります。




椅子が動き

両脚の部分が左右に分かれ

おのずと股を開く格好になります。

(これがすご〜く苦手…)




でも

先生が女性だったので

安心して診てもらう事が出来ました。




器具をグリグリと入れて

子宮癌の検査をしながら

色々聞いてくる先生。




やっぱり痛くて

(それどころじゃないんだけどなぁ…)

と思いながら答えます。




お次は

内視鏡グリグリ。




とりあえず

内視鏡で診たところ

異常はないようなので一安心です。




検査の結果が出るまで

様子を見ていいそうです。




ただ

尿検査で潜血が+−だったので

漢方薬を出してもらいました。




尿検査での潜血は

四月に会社の健康診断でも出ていて

気になっていたので

調べてもらえて良かったです。






子どもさえ良ければ

私なんて…

時々そう思います。




でも

もし私に何かあったら

子ども達

とても大変で辛く悲しい思いをすると思うんです。




歳をとれば

色んな心配が増えてきますが


特に身体のことは

後回しにせずに

早めに治療、解決していこうと思います。








暑さのせいか、愚痴が止まりません

今日は朝からぐんぐん気温が上がり

夏日になりました。




外では

陽射しがジリジリと肌を焼き

肉体的にとっても疲れました。




冷房の効いた部屋で

冷たいおしぼりを額に当て

マッサージチェアに疲れた身体を預け

ひと眠りしたい!


そんな願望に駆られます。




まさかイチ主婦である私に

そんな贅沢が叶うはずもなく




とりあえず帰って窓を開け

入る風に吹かれ

コーラをゴクゴクと飲みました。



乾いた喉に

シュワシュワと炭酸が心地よかったです。







さてさて


先週末に

旧友から連絡をもらっていたのですが


週末は何せ忙しかったので

折り返すのが今日になってしまいました。




彼女と電話で話し始めると

どう短く見積もっても

一時間はかかってしまうので


ある程度の時間をキープしてから

連絡しないとなりません。




今日は子ども達の用事もないので

ゆっくりと話すことが出来ました。





ここのところ

色々なことがあり


ストレスも溜まっていたし

暑くて疲れていたせいもあり


彼女との会話が止まりませんでした。




彼女も彼女で

辛いことが重なり

精神的にも肉体的にも

追い込まれていたので


お互いに

愚痴が止まりません。




愚痴って

他の人(特に旦那)には聞かせられない

暴言を吐くだけ吐いて

聞いては共感し

また暴言…の繰り返し。






そしてスッキリしました!!





彼女とは幼稚園からのお付き合いで

実際に会ったりするのは

年間通して一度か二度。




大体

電話での会話が中心のお付き合いです。




彼女は

昔から物事をハッキリと言える性格で

正反対の性格である私にとっては

必要な存在です。




彼女にとっても

正反対の考え方をする私の存在は

貴重だと言ってくれます。




お陰で気付けば

30数年もこんな風に話しているのには

自分のことながら驚きます。





それにしても今回


私の他にも

似た様な境遇で

同じ様に考えている人間がいるもんだ…

と思うだけで

少し心がラクになるのを感じました。




これといった解決法はありませんが

これで

「明日も頑張ってみるか!」

と思えたということは


時々愚痴を吐き出すのも必要だと

そう実感せざるを得ませんね…。