育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

次男の幼稚園行事『ホットケーキ作り』のお手伝いをしてきました

春本番の暖かさでした。

 

 

今日はお仕事はお休み。

 

 

次男の幼稚園行事のお手伝いの日なのです。

 

 

年に一度

誰しもが何かしらのお手伝いをする事になっている幼稚園です。

 

 

私は仕事があるので

中々幼稚園に顔を出す事が出来ず

あまりお母さん方にも知っている人も居ないし

次男と同じクラスの子どもも

あまり知っている子がいません(涙)

 

 

もう

一年が終わろうとしているというのに…。

 

 

不安な中で臨んだお手伝いでしたが

一緒に作業をしたお母さん方がとても良い方達で

とても楽しくお手伝いをさせて頂きました。

 

 

また

年少さんの子ども達の可愛いこと!

 

 

次男のクラスの子達は

とても聞き分けが良く

おとなしい子ばかり。

 

ホットプレートに生地を流して

片面が焼けたらひっくり返すというのを

子どもが体験するのですが

私達はそれを介助しました。

 

 

ちょっと緊張気味に

口をへの字にして作業する姿は

とてもとても可愛らしく、癒されました。

 

 

そして

こういう場面で

次男は他のお母さん方にも

恥ずかしがることなく

話しかけてしまうタイプなんだということも

初めて知りました。

 

 

我が家の長男、長女は

全くそういうタイプではなかったので

それも驚きでした。

 

 

その後

教室に焼いたホットケーキを運んで

一人一人に配るのも私達の仕事でした。

 

 

「何枚食べますか?」

「トッピングはどうしますか?」

と聞かれて

少し恥ずかしそうに

指差しで表現する姿もまた可愛らしくて。

 

 

そんな中

次男はとてもこなれた感じで

ホットケーキの配膳を行なっていました…。

 

 

 

最初は 幼稚園のお付き合いも面倒かなと

少し思っていましたが

 

こうして他のお母さん方とお話したり

子ども達の可愛い姿を見られると

せっかくの次男の幼稚園3年間

やっぱり楽しんじゃおう!と思えるのでした。

 

 

 

 

大好きな長男なのに顔を見れば叱らなければならない悲しみ

今日は日中はかなり暖かくなるという予報でした。

 

 

朝は寒かったので

とりあえずウォームジャケットを着て

中はいつもよりも薄着にして出掛けました。

 

 

暖かくなってきたら

ウォームジャケットを脱いで仕事をすれば

汗をかかずに済む

という先を見越した服装のはずでした。

 

 

しかし

空気はひんやりとして

太陽の光はイマイチ弱々しく

昼近くになっても気温が一向に上がって来ず…

 

 

結局ジャケットを着たまま仕事を終えました…

 

 

まぁジャケットを着て行っただけでも

良かったとしましょう。

 

 

   

 

 

毎日毎日

同じことで小5の長男を叱る日々です。

 

 

ニンテンドースイッチで遊ぶ時間を守れ

宿題の丸つけをしろ

自分の洗濯物を持って行け

ご飯だと言われたら速やかに席につけ

…など日常の事に加えて

 

 

剣道の代表チームのメンバーに選ばれている為

更に剣道の練習についても口出しをしなければなりません。

 

 

もう顔を見れば

怒っているような鬼母です。

 

 

 

元々

長男はとても優しく真面目な子でした。

 

 

…きっと今もそうなんだと思います。

 

 

私は長男のことが大好きでした。

 

 

…今もそうなんです。

 

 

そうなんです

私は長男のことが大好き過ぎるんです。

 

 

だから

言いつけを守れない長男を認めたくなくて

こうして監視しては指摘して回っているんです。

 

 

こんなのが本当に辛くて悲しいです。

 

 

 

でも長男はもっと辛くて悲しい筈です。

 

 

 

長男が幼稚園の頃まで

私は長男と目が合うと

ニッコリと微笑んでいたのを覚えています。

 

 

心の底からの笑顔でした。

 

 

何でも理解して

誰にでも優しくて

私の側をチョロチョロしていた長男がとても可愛かったのです。

 

 

長男も

小学校に入学する頃には

 

いつも優しいだけじゃ他の子に叩かれる

やられても耐えるだけじゃ更にやられる

真面目に正論だけでも友達とうまくいかないこともある

 

自分の身を守る為に

そういう術を身に付けていく長男は

確かにあの頃の可愛いだけの長男ではなくなってしまったと思います。

 

 

だけど

私は母親として

そんな長男にも心の底からニッコリ微笑んで見せないとダメなんです。

 

 

 

長男は

今とてつもないプレッシャーと戦っています。

 

 

それを解っていながら

顔を見れば怒っている自分は

何と情けない母親なんだと悲しくなります。

 

 

言いつけを守れない時は叱る

 

これは間違いではないと思います。

 

でも何でもない時

長男と目が合ったら

 

あの時のように

ニッコリと微笑む母親に戻れば

きっと長男も安心する筈。

 

 

空気はカラカラ、喉はイガイガ、脚は冷え冷えです

来る日も来る日も

北風が強く吹き付けてきて

「極寒」を感じるこの頃です。

 

 

 

そして

先月からほとんど雨も降らず

空気もカラカラに乾いています。

 

 

 

今日は

ものすごい北風に吹かれながらの仕事で

全身が埃まみれになっているのが

自分でもとても気になって仕方ありませんでした。

 

 

そんな状態で

仕事が終わり

次男を幼稚園に迎えに行き…

 

 

 

 

 

私より埃まみれ、砂まみれになっている次男…

 

 

 

 

 

砂埃が舞う園庭で

更にお砂遊びに夢中な次男を発見した時は

もう笑いしか出ませんね。

 

 

まぁでも

 

子どもは

ある程度の雑菌に触れさせないとという記事を読んだばかりでもあったので

 

これも成長の過程かと思うことが出来ました。

 

 

 

それにしても

毎日寒すぎますね。

 

 

数日前から

腰とお腹に貼るカイロを貼って

更に

靴下に貼るカイロを貼り

仕事に出掛けています。

 

 

やっぱり

脚とお腹、腰が温まると

身体が楽ですね。

 

 

無理して貼らなかった去年までの私に

無理すんな、という言葉を掛けてやりたいです。

 

 

 

 

更に

冬場はお出掛けの服装にも困りますね。

 

 

以前買ったダウンコートが

色褪せてきてしまったので

 

去年は

ジャンパーコートを買ったのですが

 

このコート

暖かさは申し分ないのですが

何しろ重い…。

 

 

着て歩いていると

必ず肩が凝ってしまうのです。

 

 

かと言って

軽さを重視してしまうと寒いし…

 

なんて色々探してみると…

 

 

 

 

 

…とても良いもの

見つけちゃいました。

 

 

 

マジカルサーモコート。

 

 

 

ウールより軽く

ダウン並みに暖かい

そんなコートが実在するんですね。

 

 

見た目はとても薄くて軽そう

デザインも女性らしく

かといってかしこまり過ぎない

 

 

軽くて暖か

寒い日がまだまだ続きそうだし

近々にぜひ欲しいアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

新年を迎え…母と気持ちを通わせることが出来た気がします

新年を迎えました。

 

 

ボーッとする気持ちを奮い立たせ

やっとの思いで

新年の挨拶まわりや初詣に行ったような形です。

 

 

そして

毎日の鬼のような寒さからか

少し風邪をひいてしまいました。

 

 

 

特に

昨日から栃木の実家へ泊まっていましたが

 

自分が住んでいた時には感じなかった

とてつもない朝の冷え込み具合に

手も足も出ませんでした。

 

 

 

 

そして

卵巣がん闘病中の母は

お正月も病院で過ごしていました。

 

 

初めての母の居ないお正月。

 

 

本当に

母の存在の大きさを改めて実感しました。

 

 

お正月であっても

何と華やかさの無い実家。

 

 

それは

お正月飾りやおせち料理

やれお餅を焼こうかだとか

蟹を食べようだとか

 

そういう事も含めてですが

 

やはり

母の大きな笑い声や笑顔が見えない虚無感だと

感じました。

 

 

 

今日は病院で先生から病状についてや

今後の治療の内容について

お話を聞くことが出来るということで

予め仕事を休んで病院へ向かいました。

 

 

ところが

話の食い違いで

午前中に先生とお会い出来るはずが

午後になってしまい

 

更に

先生の診察や手術が終わるのを待ってからということになり

 

結局夕方6時くらいまで待たされることになってしまったのです。

 

 

その間

病院へお昼過ぎに着いて

そこからずっと母の側にいることになり

今思えばその時間もとても意味のある時間であったと思いました。

 

 

元々から

母と私はベラベラと喋る方ではなく

思い出した事をポツリ

またポツリと話すような感じで

 

今日も同様に

母の身体や心の状態を

落ち着いて聞くことが出来ました。

 

 

 

そして

こんなに母の近くに居られたのは久しぶりで

とても嬉しかったです。

 

 

先生から病状を改めてお聞きして

今後の治療に関しても

丁寧に説明して頂きました。

 

 

 

ガン自体とても大きくなっていて

腹水も多く

今すぐ手術するのは

とても難しいので

 

抗がん剤

出来るだけ小さくしてから手術ということになりそうです。

 

 

あれだけ拒んでいた抗がん剤

母が自分でやると決めてくれました。

 

 

今週の金曜から

早速抗がん剤治療が始まります。

 

 

 

副作用が出たり

どれくらい効いてくれるかも解らない

本当に辛い治療になると覚悟はしています。

 

 

 

でもきっと母は大丈夫。

 

 

 

ずっと見てきた夢のように

やっと元の元気な母に戻る日は近いです。

 

メリークリスマス!チキンとケーキとシャンパンとビール

クリスマスイブの夜です。

 

 

一日中

家族と一緒に過ごして

夜にはテーブルに皆んなの大好物を並べて

シャンメリーシャンパンとビールで乾杯。

 

 

そして

サンタさんは来てくれるかな

なんて話しながら子ども達は眠りに就いたところです。

 

 

 

とても楽しく

理想的なイブの夜ですが

今年はとても気掛かりなことがあります。

 

 

母が

チキンを用意してくれていたのに

取りに行けなかったこと。

 

 

先日

私の頼みで

病院に行ってくれた母でしたが

 

腹水を抜く処置はしてもらえず

そのまま一度入院になりました。

 

 

そして

医師の診断結果は

 

 

抗がん剤治療と手術をしないと

あと半年の命だということ。

 

 

とても驚いて

眩暈がしましたが

逆に言えば

今すぐ治療をすれば大丈夫だということです。

 

 

とりあえず

三連休もあるので

また一度退院になりました。

 

一昨日

長女の誕生日もあり

実家へ戻りました。

 

 

その時に

「明日、クリスマス用のチキンを頼んでおいたからね。」と母に言われました。

 

 

 

それは毎年のことでした。

 

 

 

私や姉が

もう家族と一緒にクリスマスを過ごすような歳じゃなくなってからも

母は必ず

チキンとケーキを用意して待っていました。

 

 

姉がクリスマスに帰ってこなくなってから

寂しそうな母を見て

私は必ず帰ることにしました。

 

 

友達に誘われても断り

彼氏と過ごしても

必ずその後に帰ってチキンとケーキを食べました。

 

 

母が

寂しくないように

意地でも帰りました。

 

 

 

でも

今年は行けませんでした。

 

 

 

一昨日

「ちゃんと治療してね。」

という私に

「はいはい。わかったよ。」

とその場しのぎのような返事をした母。

 

 

多分

次回病院に行った時に

治療を断るんだと直感しました。

 

 

それを聞きたくなくて

私は今日行かなかったんだと思います。

 

 

もっと言えば

あの頃と全然違ってしまった母を見るのが辛くて行かなかったんだと思います。

 

 

 

今日だけは

元気な母がチキンとケーキを用意して待ってくれていた風景を思い浮かべていたかったんだと思います。

 

 

 

サンタさん

もう何も要らないから

元気な母の姿に戻してください。

 

多分人生の中でこれ程心から訴えたことは初めてでした

季節らしい冷え込みの日が続き

今日は少しだけホッと出来るような

寒さの緩みを感じました。

 

 

ここのところ

子ども達の体調も落ち着いており

油断している状態ですが

 

インフルエンザの情報もチラホラと出てきていて

季節が季節だけに安心してはいけませんね。

 

 

 

 

そして…

卵巣がん闘病中の母も

あまり良くない状態です。

 

 

幾らちゃんと治療してくれと頼んでも

絶対に病院に行かなかった母でしたが

 

いよいよ腹水が溜まって苦しくなり

私が以前調べた漢方薬を処方してくれる先生に相談したそうです。

 

 

漢方薬を処方するにあたり

そちらの先生から血液検査の結果だけは

送って欲しいと言われて

近くのクリニックに行って調べてもらったそうです。

 

 

その結果を送って

漢方薬を処方してもらったという話を

電話で聞いた私でしたが

 

 

とても気になったのは

血液検査をしてもらったクリニックで

「腹膜炎を起こしている」

と言われたというところでした。

 

 

 

どうしても気になった私は

ネットで調べたがん治療専門の先生に

電話で相談してみました。

 

 

 

がんからくる腹膜炎は「腹膜腫」と言い

転移のひとつだということを知りました。

 

 

そして

漢方薬も有効かもしれないが

そこまで腹水が溜まっている状態だと

 

漢方薬の前に一度

腹水を抜いて

悪い成分だけを取り除き

体に必要なタンパク質などをまたお腹に戻すということを直ぐにしなければならないということでした。

 

 

 

すぐに電話して

その旨を母に伝えたのですが

やはり「すぐには無理だ」とか「お金がかかる」だとかで

返事を渋るのでした。

 

 

話をはぐらかす母に

私は「ちゃんとやってよね。皆んなそう思ってる。辛くなる姿を見たくないって、どんな形でも生きてて欲しいって、思ってるんだよ。」

と言いました。

 

 

それは病気が見つかってから

何ヶ月も何ヶ月も思っていた気持ちの全てでした。

 

 

「ちゃんとやってよ、ちゃんと治してよ。」

と電話口で泣きながら繰り返す私は

 

まるっきり

母がいないと何も出来ない幼い娘の姿だったと思います。

 

 

そして母は

「わかったよ、わかった‥」と約束してくれました。

 

 

多分

母の身体の状態は

あまり良いものではないと思っています。

 

 

でもほんの少しでも

自分の為でなくてもいいから

何とか治さないとと決めてくれれば

今までよりは

いい方向に向かってくれる気がしています。

 

 

 

そして

何度もみた夢のように

元気に動けるようになると信じているのです。

 

 

 

 

 

 

食欲の秋いつまでも終わらず…お肌の調子は良いみたいです

季節外れの暖かさとなりました。

 

 

いつもはウォームジャケットを着て仕事をしていますが

今日はブラウスでウロウロしていましたから。

 

 

ホントにビックリの暖かさで

喉も渇いてしまい

やはりビールを飲んでしまったところです。

 

 

 

季節は

食欲の秋から

冬に変わろうとしているというのに

食欲が全然止まりません!

 

 

もう

どんだけでも食べられます。

 

 

食べるときはいつも

お腹がいっぱいだからやめようと思うよりも

これ以上食べると身体に悪そうだからやめとこう

という感じです。

 

 

自分の食欲が恐い…。

 

 

食べているからでしょうか、

最近お肌の調子は良いんです。

 

 

先週から数人に

「お肌がツヤツヤ、ピカピカしてる。」

なんて言われちゃいました(照)。

 

 

子どもと一緒で

褒められるともっと頑張りたくなる私です…。

 

 

 

プラセンタサプリに興味を持ち始めました。

 

 

 

吉川ひなのさんも飲んでいる

プラセンタサプリ「フワリ(FUWARI)」。

 

 

酵素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの

美容に欠かせない成分がたっぷり。

 

 

1日3粒ずつ飲むだけで

その成分を補給出来るので簡単そうです。

 

 

食べ物から摂取出来れば一番良いんでしょうけどね…。

 

 

 

若い頃

調子に乗って

日焼け止めクリームを塗らずに

ガンガン日焼けしてしまったツケで

頬骨の辺りはシミが浮き出ていますからね(涙)。

 

 

フワリなら

初回一袋(約1ヶ月分)が¥980。

 

 

2回目以降は半額の¥3,480で

ずっと注文出来るみたいです。

 

 

40歳を手前に

もっともっと磨いてしまいましょうか。