育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

えっ?!今年も残すところ後一ヶ月と10日くらい?!!

日に日に寒さが増してきますね。

 

 

今日も薄曇りのお天気で

とても寒かったです。

 

 

今年もゆっくりと

冬に向かっているんですね。

 

 

そして

ふとカレンダーを見ると

今年も残すところ後一ヶ月と10日程だということに気付き

気持ちが焦り出します。

 

 

焦ったところで仕方ないんですが

年末は何かと慌しいですから。

 

 

 

 

今年は

母の病気など良いことが無かったと

思いがちですが

 

住みやすいマンションに引っ越したり

長男、長女が剣道の大会で活躍するなど

とても良いこともたくさんあった年でした。

 

 

来年あたりから

私の運気が上がってくるはずです。

 

 

きっと

母の病気も良くなる。

 

 

そう信じています。

 

 

 

 

幼少期ー。

 

 

 

夜になると

いろんな怖い事を考えては

眠れなくなるタイプの子どもでした。

 

 

その頃にとっての

一番の恐怖は…

 

 

母がいなくなることでした。

 

 

 

まさかその頃に

自分が親元を離れて

結婚生活を送るなんて

現実的に考えられませんし

 

 

家に帰っても母が居ない状況で

生活するなんてとても無理だと思っていたのです。

 

 

私はおばあちゃんっ子だと

思っていましたが

 

やはり自分も母が大好きで

母に一番に見てもらいたいと思っていたのです。

 

 

来週

母の心臓の手術の予定が入りました。

 

 

 

難しい手術ではなく

終われば確実に今より楽になると

いうことです。

 

 

それで

母が生きてく希望を見出してくれればと

そう願っています。

 

 

そういう意味で

来年からは運気がアップするんだと信じています。

 

 

とにかく

年明けまで一気に突っ走るしかないのには

違いありませんね。

 

 

 

 

 

次男大好き!長女の小姑っぷりが炸裂してきました

北寄りの風が

冷たく感じられるようになってきました。

 

 

冬が近づいているんだと感じています。

 

 

ただ今年の冬は暖冬だそうですね。

 

 

寒さが和らいでくれるのは有難いのですが

これ以上野菜の高騰などに影響がないといいです。

 

 

 

 

 

次男(4歳)のことが好き過ぎる

長女(小3)の近頃の言動です。

 

 

最近次男が幼稚園で

接することの多い同じクラスの

「いっちゃん」という女の子がいるのですが…

 

 

先日次男が

いっちゃんからプレゼントをもらってきました。

 

 

年少さんなので

お手紙といっても

せいぜい折り紙で何かを作ってくれる

くらいのものですが。

 

 

 

いっちゃんは

折り紙で紙コップを作り

その中に小さく切った折り紙を丸めたものを入れた作品を作ってくれました。

 

 

帰ってきてから

いっちゃんからのプレゼントを出して

「これ、いっちゃんから貰った。」と教えてくれました。

 

 

 

それじゃあ

いっちゃんにもお手紙を書いていこうか

なんて話していると長女が帰宅しました。

 

 

工作が大好きな長女なので

何かいいアイデアがあればと

いっちゃんから貰った物を長女にも見せて

「これ、いっちゃんから貰ったんだけど…。」

と言い掛けました。

(長女は、いっちゃんの事を次男から話で聞いているので、知っています。)

 

 

長女は「いっちゃんから」というところに

あからさまに反応して

次男の肩を掴んでキッと睨んで厳しく言いました。

 

 

 

「なに!?これ、いっちゃんから貰ったの?!!」

 

 

 

弱々しく頷く次男。

 

 

 

「(次男)ちゃん、こんなの要らないよね?!!」

↑酷い…

 

 

 

俯いたまま黙っている次男。

 

 

 

肩を揺さぶり言葉を荒らげる長女。

 

 

 

「(次男)ちゃん!要らないでしょ?!!!」

 

 

 

あまりにも酷い言葉と…

あと、とても恐かったので私が間に入りました。

 

 

 

長女は次男のことが大好きで

可愛がってくれるし

学校から帰ればすぐに次男に話しかけるなど

 

姉として弟を大事にしてくれているんだと

嬉しく思っていました。

 

 

今回

次男が初めてプレゼントを貰ったことを

長女も一緒に喜んでくれると思ったのに…。

 

 

 

 

 

とんだ鬼小姑っぷり(涙)(涙)。

 

 

 

 

このままだと長女が

恐ろしい鬼小姑になってしまう(汗)

 

 

 

ということで

 

いっちゃんが幼稚園で次男に優しくしてくれていること

 

次男にも家の外での付き合いも必要だということ

 

などを説明して

長女に納得してもらいました。

 

 

 

どうにか

次男といっちゃんの関係も認めてくれた長女でしたが…

 

 

 

最後まで

いっちゃんへのお手紙を一緒に書いてあげることはしませんでした……。

 

 

 

お願いだから

次男が結婚するまでには

その辺りも許せる心を養っていって欲しいです。

 

「食欲の秋」過ぎる秋…ストレスも溜まってるんです

今日はとても良い気候でしたね。

 

暑くもなく寒くもなく

お天気が崩れるわけでもなく

とても良い一日でした。

 

 

こんな日は

とってもお腹が空くんです。

 

 

いつも

外回りを一通り終えて

大抵13時頃になりますが

ここで昼食を摂る日はあまり無くて

 

自宅に戻って

14時半から15時頃

少し食べることが多いです。

 

 

でも今日は

それが我慢出来ず!!

 

コンビニで

惣菜パンとサンドイッチを買って

会社でペロリと平らげました。

 

 

結構なボリュームだったかと思うのですが

貪り食う姿に

皆ギョッとしたに違いありません。

 

 

最近は空腹を満たすことが難しく

食べても食べてもお腹いっぱいにならなくて

困っています。

 

 

その時は満腹になるのに

一時間もしないうちにまたお腹が減ったり。

 

 

正に食欲の秋なんですよね。

 

 

それから

原因の一つとして

ストレスもあると思います。

 

 

 

何年か前までは

ストレスを感じるとタバコを吸っていました。

 

 

夫婦で禁煙をしてから

8年程経ちました。

 

 

もう吸いたくないと思えるようになるのに

数年かかりましたが

 

こんな風にストレスを感じた時

吸いたいわけではないけれど

(あぁ、あの頃はこんな時にタバコを吸っていたんだな…)

なんて思うのです。

 

 

そして決まって夢を見ます。

 

 

ついうっかり

タバコに火をつけてしまい

(せっかく禁煙してたのに、吸っちゃったな…。)

と思ったところで目が覚めます。

 

 

きっと

潜在意識の中では願望があるんでしょう。

 

 

 

でもタバコを吸う気にはなれません。

 

 

ニオイがとても嫌になってしまったのです。

 

 

それに

あの頃から

比べ物にならないくらい値上げしているのです。

経済的にも無理です。

 

 

 

そんな私に朗報。

 

 

今は「電子ベイプ」というものがあるそうです。

 

 

アイコスなどの「加熱式たばこ」が

定着してきていますね。

 

 

電子ベイプは

ニコチンやタールを含まず

香料を含んだリキッドで蒸気を発生させ

擬似的な煙を出すものです。

 

 

タバコとは全然違って

健康面に問題なし

匂いも気にならない(寧ろ良い匂い)

そうです。

 

 

 

へぇ〜。

こういう物でも

ストレスが多少発散出来るのかな。

 

 

…興味を持ってしまいました。

 

 

 

…今夜もタバコを吸ってしまう夢は

見たくないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝からヒヤリ!ここ最近で一番ゾッとしました

今日は暑くもなく寒くもなく

仕事が忙しくても

動きやすい一日でした。

 

 

とても良い季節ですね。

 

 

朝晩は少し肌寒いくらいで

子ども達は風邪をひいてしまいましたが…。

 

 

 

 

今日

小学生2人は開校記念日でお休みでした。

 

 

本来なら

私も休みをとってディズニーランドへでも

行きたいところでしたが

 

何せ

金銭的にも時間的にも余裕がなくて…。

 

 

すまないね、子ども達よ。

 

 

そんなわけで

おばあちゃんの家へ2人を連れて行き

次男を幼稚園に送って

仕事に向かいました。

 

 

いつものように

大きな公園の脇の横断歩道を渡ろうと

自転車を走らせていました。

 

 

私が横断歩道に差し掛かる少し前に

歩行者用信号が青になり

信号待ちをしていた人達が

ひとしきり渡り終わったところで

私が横断歩道を渡る形になりました。

 

 

渡り始めて3メートルくらいの所で

右側の異変に気付きます。

 

 

左折してきた

大きなトレーラートラックが

どんどん近付いてくるのです。

 

 

えっ?!えっ!?

 

 

止まる事なく

近付いてくる車体。

 

 

運転席を確認しようにも

車高も高いので確認出来ず

 

私は止まる事なく

自転車を進めました。

 

 

前からやって来た女の人が

私の方を見て

息を呑んでいます。

 

 

「私ひかれるんだ。」

 

 

ようやく

その状況が呑み込めたところで

トラックが止まりました。

 

 

トラックの車体は

私の右肩ギリギリのところまで来ていました。

 

 

こいでいた自転車は

さっきまでが嘘みたいに早く進みます。

 

 

さっきは

あんなにこいだって

あれしか進まなかったのにと思いました。

 

 

そして

横断歩道を渡り終えたところで

私はあの大きなトレーラートラックに

巻き込まれるところだったんだと

ゾッとしました。

 

 

多分

あの大きさのトラックでは

私の自転車に少しぶつかったくらいでは

気付かないと思います。

 

 

ということは

少しぶつかっただけの時点では

ブレーキは踏まれないということ。

 

 

ということは

あのまま気付かれなかったら

私は大怪我…もしくは命の危機だったかも…

ということです。

 

 

 

改めて

運転する側では

左折時の巻き込み確認。

 

 

歩行者側では

左折車が巻き込み確認をしているかを確認してから横断。

 

 

これを心掛けようと思いました。

 

 

子ども達にも

この話をして横断する時も気をつけるように伝えました。

 

 

それにしても

ここ最近で一番ゾッとした体験でした。

 

次男はじめての運動会で大活躍する

先週土曜日は

次男の幼稚園で運動会が開催されました。

 

 

次男のはじめての運動会。

 

 

家族みんな

かなり前からとても楽しみにしていました。

 

 

長男からすると7つ年下の弟。

 

長女からだと5つ年下の弟。

 

私からすると

もはや子どもの中で唯一

ふわふわ、ムチムチの幼児体型。

 

 

やっぱり可愛いんですよね。

 

 

それに

次男は上2人と少し違った

「やってくれるんじゃないか感」が

半端ないんですよね。

 

 

当日ー。

 

心配された台風も遠くへ去って

曇りの予報に反して

午前中からどんどん晴れてきて。

 

 

開会式の時には既に

汗ばむ陽気に。

 

 

最初は年少さんの徒競走。

 

 

一人ひとり

名前を呼ばれて返事をしてから

6人ずつスタートです。

 

 

次男…

 

先生からも

何をするにも早くて上手で

なんて言われていたのですが

 

何かのきっかけで

急にやる気をなくして

何もしなくなってしまう事もあるような子なので

それだけが心配でしたが…。

 

 

次男のレースの番になって

スタートラインに並ぶと

早くもスタートする体勢に。

 

 

「(次男)くーん。」

と名前を呼ばれると

 

スタートする体勢のまま

 

多分誰よりも大きな声で

「はーーーい!!!」

 

 

やる気は十分なようです。

 

 

よーい!どん!

 

 

めっっちゃ

真剣な表情でゴールテープ向かってまっしぐら。

 

 

そして一等賞でゴールイン!!

 

 

 

さすが期待を裏切らない男です。

 

 

 

その一等賞で

すっかり気分を良くして

 

その後のアンパンマン体操と

椅子体操という

組体操の年少さん版、

それから親子競技の玉入れも

楽しそうにこなす事が出来ました。

 

 

それにしても

子ども達の懸命な競技を見ていると

涙が出てきて困りました。

 

 

年長さんの組体操なんて

小学生レベルで

辛くて泣いている子もいるくらいでした。

 

 

でも

一生懸命練習したんだろうな

 

これが小学生になっても大人になっても

頑張った思い出として

いつまでも残るんだろうな

 

なんて考えると

知っている子が出ているわけでもないのに

涙が出てきてしまいました。

 

 

我が家の期待を裏切らない男も

二年後

あんな風に立派に組体操をこなす事が出来るのでしょうか。

 

 

とにかく

はじめての運動会

よく頑張りましたね。

 

 

 

 

最後になりましたが

今回私もこの幼稚園ではじめての運動会。

 

 

役員さんに騙されて

「デカバトンリレー」という競技に出されることになりました。

 

 

 

デカいバトンを

抱えて必死で走って

何とかバトンを繋ぐことが出来ました。

 

 

まぁこれは

帰ってからも

大して話題には上がらなかったですね…。

 

 

 

 

 

 

秋深まり…食欲が止まらず体重増加必須です

しばらく雨模様のお天気が続いていました。

 

 

そして今日

久々に見た青空は

ついこの間までと違って

高く抜けるような青。

 

 

とても気持ちのいい秋晴れの日となりました。

 

 

今週は初めから雨、雨、雨で

気温も低く、寒いし

毎日合羽を着て出勤していて

煩わしくて仕方なかったのですが

 

 

今日は

寒くも暑くもなく

しかも気持ちのいい青空の下。

 

 

仕事をしていても

とても楽しく、気分良く動くことが出来ました。

 

 

やはりお日様の力は偉大です。

 

 

 

こうなってくると

やはり食欲の秋です。

 

 

日中動いていると

腹の虫が鳴いて鳴いて仕方ないんです。

 

 

朝食をがっつりと食べて出ても

10時半くらいには

ぐうぐうと鳴るのです

 

 

先日はお客様にそれを聞かれてしまい

恥ずかしい思いをしました。

 

 

正直に

「お腹が鳴ってしまいました、すみません。」と話し

二人で大笑いをしました。

 

 

恥ずかしい話ですが

今日は剣道の練習で少し遅くなった夕食を

ついさっき食べたばかりだというのに

もうお腹が空いているのです。

 

 

昨日も

帰宅してから間食をしたにも関わらず

夕食に

カレーうどんとカレーライスを両方食べるという荒業を…。

 

 

しかもそれでも足りずに

その後甘い系のお菓子を……(涙)

 

 

これが食欲の秋ということなんでしょうか。

 

 

だとすると

一体いつまで続いてしまうのでしょうか。

 

 

2週間続いたら

確実に体重は大幅に増加すると思います。

 

 

 

夜食は危険すぎるので

今夜は無理にでも寝てしまいます。

 

 

 

おやすみなさい。

長男のお誕生日を終えると今度は自分の番なのです

9月の3日は長男のお誕生日でした。

 

 

ドラえもんと同じ

9月3日。

 

 

3日は月曜日で

剣道の練習の日なので

前日の日曜日にちょっとしたプレゼントをして

家族でカラオケに行って

お家でケーキでお祝いしました。

 

 

信じられないことに

もう11歳になります。

 

 

 

生まれた時は

本当に鳥のヒナみたいに

真っ赤で細くて小さな赤ちゃんでした。

 

 

正義感のある

優しい男の子に育ってくれたと思います。

 

 

どういうわけだか

やはり第一子ということなのか

長男が他所様から褒められると

素直に嬉しいです。

 

 

11歳というと

もう反抗期も始まり

いよいよ親と離れようとするような

荒々しい感じの男の子を想像していましたが

 

 

いざ自分の子が11歳になると

一緒にお風呂も入るし

一緒に寝るし

お買い物にも付いてくるし

 

よちよち歩いてたあの頃の長男と

何ら変わりはないのでした。

 

 

でも近頃

少しだけ胸板も厚くなったし

背が伸びたような気がする長男。

 

 

あっという間に

私より大きくなって

家にも寄り付かなくなるのでしょう。

 

 

 

そんな私も

長男のお誕生日の6日後に誕生日を迎えます。

 

 

 

目立たなく

ひっそりと…。

 

 

 

成長著しい長男の年齢に対して

老化現象の著しい私の年齢。

 

 

それでも日々

充実した生活を送って

生き生きと年齢を重ねて行きたいですね。

 

 

 

先日

主人に「誕生日に欲しいものある?」

と聞かれたので

「ない。」と答えました。

 

 

でも答えてしまってから

ちょっと気になるものを見つけてしまいました。

 

 

 

ナガタニ(NAGATANI)のバッグ

 

 

もともと海外で知名度が高くて

最近国内でも口コミで広がっている日本のブランドなのですが

素材の革の質が上等で傷みにくい。

しかも柔らかくて軽い。

 

 

デザインも洗練されていてシンプル。

 

 

公式サイトを見るとどのデザインも可愛くて

バッグを持った自分を思い浮かべるとワクワクするような

そんな製品で溢れていました。

 

 

でも「ない。」って言っちゃったしなぁ。

 

 

頑張ってお金貯めて買おうかな。