育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

お金があれば裕福なのか…それでもお金が必要だ

昨日小学校の運動会が終わりました。

 

 

天候にも恵まれ

新しい校庭になって初めての運動会が

大成功だったことで

子ども達も満足しています。

 

 

朝は寒かったのですが

午後からは日差しが出て暑いくらいになりました。

 

 

昨夜は

日焼けで真っ赤になった肌を冷やしながら

眠りにつきました。

 

 

http://sakiiro.hatenablog.com/entry/2018/02/22/234443

とあるお客様ご夫婦…

ではなく

一人きりになってしまわれたご主人です。

 

 

奥様を亡くされて

少しの間は

本当に気落ちしてしまっていたご主人でしたが

 

 

近頃は

積極的に外に出て

お散歩したり、庭の草むしりをしたり

声にも張りが出て

生き生きとした表情を見せて下さるようになりました。

 

 

ご自宅から

歩いて数分のところに

奥様のお墓を置いて

私も時々お墓参りにご一緒させて頂いています。

 

 

あんなに

生きる希望を亡くされてしまっていたご主人の

笑顔が見られることを

とても嬉しく思っています。

 

 

ただ

ここまでくるのに

沢山の眠れぬ夜を過ごし

押し寄せる後悔の念から逃れられず

沢山涙を流し

苦しみ抜いて

乗り越えられたのだろうと思うと

その笑顔も以前とは全く別のもののように思える事も事実です。

 

 

親戚の方と一緒に会社を経営している立場であるので

実際に仕事をしていなくても

それなりの収入があるというご主人。

 

 

「お金なんかあったって、何にもならないよ。」

 

 

奥様が生きておられる頃は

出掛けては

買い物やパチンコで月に何十万円と使われていたそうです。

 

 

それを咎めていたこともあるご主人でしたが

 

 

「使ってくれる人がいてくれた方が良かった。」

と寂しそうです。

 

 

 

その姿を見て

ふと私の両親のことを思い出しました。

 

 

どこか

このお客様ご夫婦と私の両親は

似ているのです。

 

 

私の母もお客様の奥様も

自分の良いと思ったものには

糸目をつけないタイプと言いますか…。

 

 

そして

文句も言わずにそれを見守る

私の父とお客様ご主人。

 

 

 

そうか…

 

 

私の父も

ご主人と同じように

愛する人が使って喜んでくれるなら良いと

思っているんだな。

 

 

 

 

そして

裕福な生活を送っていながら尚

あわよくば稼いでやろうという野心家の

私の母と奥様。

 

 

私の母は先日

都内に引っ越した私に

西銀座チャンスセンターの一番窓口で

サマージャンボを買って来てくれと言ってきました。

 

 

 

…いつか本当に当てそうで恐いです。

 

 

 

 

私に置き換えても同じ。

 

 

子ども達に使うお金は沢山欲しいです。

 

 

でも自分に使うお金は

食うに困らない程度にあればいい。

 

 

…というか

子ども達が居ないのなら

自分の存在すら忘れてしまいそうなのです。

 

 

もう

自分の為だけに生きるということが

出来なくなっている自分に気付かされました。

 

 

 

きっとご主人も同じ。

 

 

 

だから私は繰り返し

思い出してもらおうと言うのです。

 

 

「奥様はご主人が元気に笑顔で過ごされ、人生を全うすることを望んでおられましたよ。」

 

 

 

そしてご主人は

奥様がそれを望むのならと

頑張って笑顔を取り戻せたのです。

 

 

全ては奥様の為ですね。

 

 

 

 

ゴールデンウィーク直前の仕事のしわ寄せがきています

新緑の季節です。

 

お花見があっという間に終わり

ぐんぐんと緑が育ってきています。

 

 

気温が上がったり、下がったり

雨が降ったり、かんかん照りになったり

身体も疲れてしまいますね。

 

 

 

ゴールデンウィークがスタートしました。

 

 

私は

この週末からの三連休の後

1日だけ仕事をして

2日は次男の幼稚園の親子遠足。

 

3日からまた連休になります。

 

 

私の仕事は

連休の分を前日までにまとめて仕事を終わらせなければならない為

ここ数日はもちろん

1日は恐ろしいまでの仕事量です(汗)

 

 

それが終わらない限り

連休に入った気がしないのが現実でもあります。

 

 

この忙しい時期に

営業所に少し動きがありました。

 

 

営業所長が

私たちの営業所以外にもう一つ受け持つ形になり

これまでのように

私たちの営業所だけというわけではなくなってしまったのです。

 

 

所長は

とても仕事熱心な人で

私はとても尊敬しています。

 

 

厳しいことを言ったり

限界ギリギリの目標を掲げたりもしますが

 

ただの丸投げではなく

目標を達成出来るように

一人一人について一緒に頑張ってくれるのが所長です。

 

 

ただの厳しさではなく

仕事に対する意識がとても高く

それを私たちに押し付けるのではなく

人一倍、二倍努力しているのが所長です。

 

 

今回のことは

所長の努力や思いが実って

会社に認められてのステップアップです。

 

 

私はとても喜ばしいことだと思いますし

彼女の頑張りを見れば

当然の結果だと思いました。

 

 

今回の報告で

所長が常に営業所に居なくなってしまうことに関して

涙する人も居ましたし

 

仕事熱心が過ぎたり

厳しさ余って

人によっては所長のことをあまり良く思っていない人なども居るのも確かです。

 

 

しかし私は思うのです。

 

 

この仕事は

あくまでも自分一人。

 

 

所長に尻を叩かれて動くのも自分。

 

尻を叩かれないからといってサボるのも自分。

 

 

所長は頑張り方のキッカケを

与えてくれたに過ぎないのです。

 

 

ここからが勝負。

 

 

本当に自分がどこまでいけるのか

 

あわよくば

所長を越えることが出来るのか

 

 

この歳になって

自分自身の限界を知りたいと思っているのです。

 

 

 

 

 

春の引っ越しシーズンに我が家も例にもれず引っ越しました!

強風の日が続きます。

 

 

昨日からの嵐は

思ったよりも早く去って

本当に良かったです。

 

 

先週は

引っ越しの準備と

引っ越し当日

そして荷ほどきに

ドタバタとした一週間でした。

 

 

前まで住んでいた賃貸にお別れし

至近距離の中古のマンションに引っ越してきた我が家です。

 

 

 

新学期が始まり

次男も幼稚園に入園したばかりでの

引っ越しだったので

 

本当にドタバタと何とか終わった…(汗)

という感じでした。

 

 

 

こういう大きなマンションでの生活は初めてで

本当に大丈夫なのかと心配していましたが

 

今のところ

以前と比べても

ワンフロアーに4部屋プラスLDKと広々!

 

お風呂もキッチンも広々!

 

子ども達も自分の部屋はあるし

お家での暮らしは快適そのものです。

 

 

今までの縦長の住まいは

階段を一日中上り下りの生活でしたから

ワンフロアで広々と生活できることが

こんなにも楽なのかと感動しています(涙)。

 

 

ただ難点は駐車場です。

 

 

今までのように平面駐車場ではなく

可動式の上部にあるので

車を使う時に

一々操作して出庫して

終わればまた操作して駐車。

 

 

これが一回に5、6分で済めばいい方ですね(汗)

 

 

車での移動が多い我が家には

多少負担になっていて

早くも近くに平面駐車場の空きが無いか

探し始めています。

 

 

それから

我が家は子ども3人と騒がしい方なので

下の階の方にご迷惑がかからないか心配です。

 

 

引っ越し前から

自分達の下の階で生活している人がいるから

絶対に床をドタバタさせて走り回ったりしては

いけないと言い聞かせてきました。

 

 

子ども達も私達も

早くこの生活に慣れていきたいと思います。

 

 

 

 

住まいは絶対に一軒家!!

と豪語していた私ですが

こちらに来てから色々な方のご意見を聞かせて頂いた結果

 

無理して戸建じゃなくてもいいのかな

という考えも持てるようになりました。

 

 

今は子どもが3人いて賑やかな我が家も

いつまでもそうとは限らないのです。

 

 

成人した子ども達が

1人出て2人出て…と

 

賑やかに暮らせるのは

数年間しかないかもしれません。

 

 

大きな戸建をせっかく買っても

子ども達のいた部屋を物置にして

老いた主人と私で済むようになる。

 

 

「それじゃあ勿体無いよ。」

と仰る方が結構多いことに驚きました。

 

 

 

やはり田舎の出身の私にとっては

住まいは戸建で大きな庭があるというのが

当たり前のことだと思っていましたので。

 

 

 

しかし

このマンションを見に来た時に

 

ワンフロアで皆んなが思い思いに過ごせて

庭は無いけど大きなベランダがあり

窓からはスカイツリーが臨める

修繕費を積み立てているので

老朽化による出費も考えなくて良い

 

そういう生活でもいいのかなと

本当に以前の私からは思いもよらない結論でした。

 

 

 

 

さあ、この新しい住まいで

たくさんの思い出を作っていこう。

 

 

 

 

 

上を見ても下を見てもキリがないからまっすぐだけ見よう

暖かくなりました。

 

 

あんなに寒かった冬にも終わりが来て

こんなに暖かくなるものなんですね。

 

 

日中は暖かいなんてもんじゃありません。

 

 

服装を選ばないと

汗ばんでくる陽気です。

 

 

寒い冬に比べたら

暑いくらいの陽気は嫌いじゃないです。

 

 

身軽な服装で過ごせる季節は

やはり楽ですよね。

 

 

 

 

今日もお客様との話が弾む一日でした。

 

 

やはり

外が暖かくお天気も良いので

何があると言うわけではないのに

ウキウキとした気分になるんでしょうか。

 

 

 

今日は偶然にも

二人のお客様から

今の私に必要なお言葉を頂きました。

 

 

一人は

障害のある息子さんを

育て上げられたお母様との会話でした。

 

 

既に息子さんは私よりも年上で

二世帯風のお宅で同居されています。

 

 

ご出身が和歌山県ということで

その地の独特な話し方と

優しい笑顔で

やんわりとお話しされるお母様です。

 

 

お金持ちでも

幸せそうに見えても

その本人にしかわからない苦労も沢山ある、

とした上で

 

「家族が健康でいてくれたら、それが一番。」

 

 

そう優しく笑いかけて下さるのです。

 

 

障害のある息子さんを

立派に育て上げられたお母様だからこその一言でした。

 

 

 

もう一人は

ご自身が難病になってしまい

これと言った治療法のないまま病院に通い

 

自分に合う薬を

自身の身を以て実験しながら

探し続けているという奥様です。

 

 

難病からリウマチを発症してしまい

数種類ある薬の中から

自身の身体で人体実験をしながら

探していくのです。

 

 

合わなかったり

副作用が強いと肝機能などに影響してしまい

また違った薬を試す…の繰り返しです。

 

 

症状を抑えることは出来ても

ちゃんとした治療法はなく

ずっと難病やリウマチと付き合っていかなければならないのに

 

その奥様は

笑って

「だって、くよくよしてたって仕方ないじゃない。」と仰るのです。

 

 

お二人のそんなポジティブな言葉を聞いて

 

ほんの些細なことでくよくよと

悩んでいた自分がとても恥ずかしくなりました。

 

 

可愛い子ども達に囲まれて

主人は優しく家族のために必死に働いてくれる。

 

 

一体何処に不満があるというのか。

 

 

私は私なりに

何が一番大切か

それを見失わずに笑顔で頑張らないといけないな

とそんな風に思えた一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性の薄毛治療に大変興味を持ちました

昨日はホワイトデーでしたね。

 

 

先月のバレンタインデー。

 

 

我が家の長男も四年生にして初めて

クラスの女子からチョコレートをもらうという

体験をしました。

 

 

4人程の

女子達が下さったようで

有難や〜(涙)。

 

 

なので

私も慌てながらも

人生初

息子のホワイトデーのお返しを買うという

体験をしました。

 

 

可愛らしいクマさんのストラップのついた

クッキーを選びました。

 

 

後になって

やっぱりお菓子だけにした方が良かったかなと

思ったのですが

 

今日

長男が安堵の表情で

「女子達、みんなクマのストラップ付けてきてくれたよ。」

という言葉に私もとても安堵しました。

 

 

 

そんな子ども達のイベントや習い事に

一喜一憂し

仕事はここのところ忙しく

家に帰ればやる事が山積み…

 

 

ストレスからなのか

白髪と抜け毛が半端ないです(涙)。

 

 

元々ボリュームの無い髪ですが

ここ数年で

さらにボリュームダウン

 

一本一本の髪も細くコシがないです。

 

 

 

今は

女性の薄毛治療というのがあるそうですね。

 

 

発毛専門の先生に診察をしてもらい

薬を貰って

毎日の飲み薬と塗り薬を続けるだけだそうです。

 

 

幼少期から

直毛で量の多い姉と弟の髪に比べて

私の髪は細くて少ないと

幼心に思っていました。

 

 

よく姉は

無い物ねだりで私の細くてサラサラとした髪を

羨ましがりました。

 

 

でも今となっては

姉は私の髪を羨ましいとは言いません。

 

 

 

だって

こんなに困っているんだもの(涙)(涙)。

 

 

どうか

私に量と太さとボリュームをお願いします。

 

 

 

 

 

皆が嫌がる仕事が楽しい…素晴らしいというか変態ですね

また寒さが戻ってしまいました。

 

 

そう簡単に春にはさせないよ

という

してやったりの感じが嫌ですね。

 

 

数日前まで

季節はずれの暖かさだったので

今日は余計に寒く感じました。

 

 

 

 

春の訪れを感じると共に

毎年会社では

「春のキャンペーン」と称して

飛び込み営業(ノルマあり)期間がやってきます。

 

 

私は二年目ですので

これを経験するのはこれが2回目になります。

 

 

まあ

同じことを新人研修でもやらされるので

もう慣れてきたようなものですが。

 

 

 

飛び込みでお客様を作り

ノルマは5件。

 

 

去年は7件だったので

それを考えるとまだいい方と言えますね。

 

 

上司をはじめ

皆んながピリピリとする時期です。

 

 

だって普通の人は

飛び込み営業なんて大嫌いですから。

 

 

 

私が自分のことを変態かもしれないと思った所以はそこです。

 

 

 

 

 

 

 

この営業別に嫌いじゃないです。

 

 

 

むしろ好きです。

 

 

 

 

新しい出会いがあり

もしかしたら私の一言で

お客様になってもらい

長いお付き合いが始まるかもしれない。

 

 

ワクワクします!

 

 

もちろんお断りされることの方が多いです。

 

門前払いを食らうことなんか

当たり前です。

 

 

だけどそういうのは

会社のスタッフとしての自分が断られただけで

私は無傷なわけです。

 

 

ただし

契約がとれた時は

「自分がよかったからだ」

「私の営業センスだ」

と大いに自分だけの手柄だと

喜びを噛み締めます。

 

 

この喜びで

大抵

それまでの門前払いやお叱りの言葉なんかは

頭の中から綺麗さっぱり消えてくれるのです。

 

 

都合のいい思考回路ですね。

 

 

自分の都合の良いような解釈しかしません。

 

 

 

職場の仲間と話す時は

こんな話ししたら

「わ!マジ?ど変態じゃん!」

て言われること間違いなしなので

 

 

今日も明日も

「今日もやだねー!」

って演じたりもしているのです。

 

 

あと数週間。

今年はどんな出会いがあるんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひな祭りになると思い出す中学時代からの【一人ひな祭り】

朝の冷え込みが

随分と楽になったものです。

 

 

やはり3月になると空気が違いますね。

 

 

寒い、寒いと言えど

真冬のあの寒さとは違っています。

 

 

 

今週から花粉の季節に突入したようです。

 

これまで

花粉症とは無縁の生活だったのですが

 

昨日辺りから

どうも鼻がムズムズ、目がショボショボ…

 

鼻風邪なのか

まさか今年から花粉症デビューなのか。

 

 

ぜひ鼻風邪であって欲しいものです。

 

 

 

 

今日は桃の節句

 

ひな祭りですね。

 

 

我が家にも娘が一人おりますので

雛人形を飾って

ケーキを食べたりしてお祝いしました。

 

 

私の両親が買ってくれた

娘の雛人形

 

 

三段飾りで

片付けるときは

全部一箱に入ってしまうコンパクト型です。

 

 

全体にピンク系の淡い感じで

私がとても気に入って

買ってもらいました。

 

 

今年は

主人が雛壇を出して

長女が人形を全部飾りました。

 

 

去年までは

私が一人で飾っていました。

 

 

 

雛人形を出していると

実家にいた頃のひな祭りを思い出します。

 

 

 

 

私の実家は田舎で

家がとても広く

7段飾りのとても立派なお雛様でした。

 

 

幼少期から

両親がお雛様を出してくれるのが嬉しくて

よくお手伝いをしていました。

 

 

両親と一緒に

ワイワイ飾っていくのが楽しかったのです。

 

 

 

私が中学生になった頃

両親は苺の栽培を始めました。

 

 

仕事はとても忙しくなり

特に冬から春にかけては苺の最盛期。

 

それこそ

雛人形を出す時間もありませんでした。

 

 

ちょっと寂しいけど

私ももう中学生だし…

なんて諦めていたある日曜日の朝。

 

 

朝起きると

床の間に雛人形の箱が!

 

 

あっ!やっぱり今年も飾ってもらえるんだ。

 

 

そう思って

両親が苺畑から戻ってくるのを待っていました。

 

 

まもなく、母親が戻ってきて

忙しそうに一言。

 

 

 

 

「それ、飾っておいて。」

 

 

 

 

…えっ?!

……一人で?

 

 

 

 

雛壇の骨組みから

一人でどうにか組み立てて

 

赤い布を敷き

 

一段ずつ人形や小道具を飾っていく。

 

 

 

幼少期から手伝っていたせいで

悔しいほどに

全ての位置を把握しています。

 

 

その年から

実家を出るまで

私の【一人ひな祭り】は続きました。

 

 

 

年々手際も良くなり

最初は半日かかって飾っていたのが

最終的には小一時間もあれば飾れるようになりました。

 

 

家族はそれに関して

直接私には何も言いませんでしたが

陰では

「また今年も一人ひな祭りが始まった。」

と言っていたそうです。

 

 

 

 

 

……

そういえばあの時

姉は一体何をしていたんだろう。