育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

半世紀を駆け抜けたお客様の無償の愛が素晴らしい

梅雨の晴れ間です。

 

 

仕事でもなければ

もっと洗濯したかったのですが。

 

 

久しぶりの太陽の眩しさに

気分も良く

いつもより元気に仕事が出来ました。

 

 

やはり太陽の力は偉大ですね。

 

 

 

 

今日は

とあるお客様のお宅で

アイスコーヒーをご馳走になり

たくさんお話をしてきました。

 

 

緑内障を悪化させてしまい

ほとんど目が見えなくなってしまった奥様は

もう84歳になるそうです。

 

 

建築士のご主人とご結婚されてから数十年。

 

 

建築関係の仕事も全く経験のない中

必死に事務所とご主人を支えてきたそうです。

 

 

ご主人のご両親を

10年間も自宅で介護したそうです。

 

 

それこそ休む暇もなく

息抜きに外食をするわけでもなく

旅行に行くことも一度もなく

二人で必死になって働かれたそうです。

 

 

自分にお金を使うくらいなら

家族や従業員さんや親戚や周りの人達にと

 

自分のことは後回しで

本当に周りのことばかり考えて生きてこられた奥様です。

 

 

ご主人を亡くされて20年程になるという奥様

 

 

数年前に腰を悪くしてから

若い頃の無理をし過ぎたのか

身体のあちこちに不調が出てしまい

歩くのも困難になってしまったそうです。

 

 

それでも働き者の奥様は

自分の出来ることならと

ご主人の後を継いだ息子さんのサポートをしてきましたが

 

緑内障が悪化してしまい

視力がほとんどない状態になり

いよいよそれも出来なくなってしまいました。

 

 

 

「今までお世話することはあっても、お世話になることが殆んど無かったから…悔しいわよ。」

と奥様。

 

 

色がぼんやりと見えるくらいだと仰る奥様の目ですが

視線はまるで見えているかのように私を貫くのです。

 

 

驚いたのは

「あなた、売り上げもいいでしょ?トップになるんじゃない?」

と言われたことです。

 

 

確かに先月から

私の成績は営業所で一番になりました。

 

 

しかし

全く成績の良いように見えないのが私なのです。

 

 

口数も少ないですし

見た目もパッとしないし

商品知識も浅く

「いらないわ。」と言われればすぐに引いてしまう私は

どう見ても営業成績が良いようには見えないのです。

 

 

お世辞を言うタイプではない奥様に

心の中まで見透かされているような目で

そう言われてドキッとしました。

 

 

 

ご自身に厳しく生きてこられた方だけに

これまでも厳しいお言葉を頂いたこともありますが

 

やはり奥様の生き方は

素晴らしいです。

 

 

本家である家の為に

ご主人の為に

そして周りの人の為に。

 

 

そうして築いてきた人間関係なので

目の見えなくて不自由な生活ですが

 

奥様の周りには

今度は私がお役に立つ番とばかりに

多くの人が集まってきます。

 

 

 

自分のことばかりで

忙しい、忙しいと言ってばかりの私。

 

奥様の射抜くような視線を思い

省みたいと思います。