育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

上を見ても下を見てもキリがないからまっすぐだけ見よう

暖かくなりました。

 

 

あんなに寒かった冬にも終わりが来て

こんなに暖かくなるものなんですね。

 

 

日中は暖かいなんてもんじゃありません。

 

 

服装を選ばないと

汗ばんでくる陽気です。

 

 

寒い冬に比べたら

暑いくらいの陽気は嫌いじゃないです。

 

 

身軽な服装で過ごせる季節は

やはり楽ですよね。

 

 

 

 

今日もお客様との話が弾む一日でした。

 

 

やはり

外が暖かくお天気も良いので

何があると言うわけではないのに

ウキウキとした気分になるんでしょうか。

 

 

 

今日は偶然にも

二人のお客様から

今の私に必要なお言葉を頂きました。

 

 

一人は

障害のある息子さんを

育て上げられたお母様との会話でした。

 

 

既に息子さんは私よりも年上で

二世帯風のお宅で同居されています。

 

 

ご出身が和歌山県ということで

その地の独特な話し方と

優しい笑顔で

やんわりとお話しされるお母様です。

 

 

お金持ちでも

幸せそうに見えても

その本人にしかわからない苦労も沢山ある、

とした上で

 

「家族が健康でいてくれたら、それが一番。」

 

 

そう優しく笑いかけて下さるのです。

 

 

障害のある息子さんを

立派に育て上げられたお母様だからこその一言でした。

 

 

 

もう一人は

ご自身が難病になってしまい

これと言った治療法のないまま病院に通い

 

自分に合う薬を

自身の身を以て実験しながら

探し続けているという奥様です。

 

 

難病からリウマチを発症してしまい

数種類ある薬の中から

自身の身体で人体実験をしながら

探していくのです。

 

 

合わなかったり

副作用が強いと肝機能などに影響してしまい

また違った薬を試す…の繰り返しです。

 

 

症状を抑えることは出来ても

ちゃんとした治療法はなく

ずっと難病やリウマチと付き合っていかなければならないのに

 

その奥様は

笑って

「だって、くよくよしてたって仕方ないじゃない。」と仰るのです。

 

 

お二人のそんなポジティブな言葉を聞いて

 

ほんの些細なことでくよくよと

悩んでいた自分がとても恥ずかしくなりました。

 

 

可愛い子ども達に囲まれて

主人は優しく家族のために必死に働いてくれる。

 

 

一体何処に不満があるというのか。

 

 

私は私なりに

何が一番大切か

それを見失わずに笑顔で頑張らないといけないな

とそんな風に思えた一日でした。