育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

大手の仲介業者さんから営業力を学びました

今日も寒い一日でした。

 

 

近頃、こればかりいってる気がしますが

ホントに寒いんです。

 

 

今日は日中で日差しがあるにも関わらず

寒さで眩暈がしました。

 

 

ここは本当に日本なんだろうかとも

思いました。

 

 

身体の冷え切った一日でした。

 

 

 

 

今日は子ども達の剣道の練習を終え

帰ってすぐに夕食にしてお風呂だ〜

と考えながら帰宅すると…

 

 

玄関に男性物の革靴があり

誰かお客様が来ているんだと気付きました。

 

 

それは

昨日中古マンションを内覧に行った時に

担当してくれた仲介業者さんでした。

 

 

私達家族

夏くらいから本格的に

住居探しをしていて

 

新築、中古、戸建て、マンションに関わらず

金額と広さ、周辺環境、通学などから

色んな住宅を探しているのです。

 

 

この仲介業者さんは

先日、新築戸建てのオープンハウスで

出会った方です。

 

 

今までの業者さんに比べて

とても熱心に色んな情報を集めてくれて

 

それでいて

ぐいぐいと押しすぎない感じが

主人に気に入られ

先週から気になる物件を一緒に見に行っています。

 

 

つい昨日ですが

中古マンションを何軒か見に行ったうち

一軒がとても気に入って

少し話を詰めてもいいのかなというところまで来ていました。

 

 

その旨

主人が担当の方に連絡したところ…

話は冒頭に戻りますが

 

今日のまぁまぁ遅い時間に

我が家にやって来たというところです。

 

 

子どもがいる家庭での

20:30は結構厳しいです。

 

 

それでも

やはり営業はスピード重視なんですね。

 

 

気の変わらないうちに

今日中にというのがセオリーなんでしょう。

 

 

しかも

「こんな遅い時間に来やがって!!」と

思わせないのがプロなんですね。

 

 

どう思うかは人それぞれだと思いますが

少なくとも私は

遅くても今日の方がいいと思ったんだなぁ…

と考えてしまいます。

 

 

ある意味で

図々しさとかも必要なんですね。

 

 

了解です!

 

 

明日から

それを真似して行ってみよう!