育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

見てないようでよく見てる担任の先生

夏本番の暑さになりました。




今日は35度くらいまで

上がったでしょうか。




こうなってくると

もう何をしていても暑い!




何もしていなくても

額から

汗が流れてきました。





こんなのも

今年は初ですね。











もう少しで

子ども達も夏休みです。





今週は

長男、長女の担任の先生と

個人面談がありました。





長女の方は

まだ二十代の若い男性の先生です。




新学期が始まってすぐ

学校に行くのを渋るようになり


一度お会いしてご相談させて頂いていました。




その後も

お友達とのトラブルがあったりで


何度かお電話も頂き

お話させて頂いているので

その話の続きという感じでの面談になりました。




お陰様でここのところ

そういうトラブルは起きていないので


実力テストの結果の報告を受け

今やっている学習の内容や

クラスでの生活の様子などを聞いて

終わりになりました。





そして長男の方は。




三年生からの持ち上がりの先生で

やはり男性の先生ですが

とても落ち着いた雰囲気で

どっしりとした安心感のある方です。




当然

私よりも年上だと思っていたのですが

つい先日

まさかの二歳年下が判明し

驚かせて頂いたところでした。





この先生

いつもニコニコと穏やかな性格の先生のようですが


長男曰く

「今まで出会った中で一番怖い」

そうです。


   


担任になってから

既に一年以上は毎日会っているのに

まだ一度も本気で怒った姿を見ていない

ところが

逆に相当怖いらしいです。




四年生ともなれば

やはり大なり小なり悪さをするクラスメイトはあります。




それを叱る時も

冷静に「立ちなさい!」

と言われ

反省文を書かされるそうなんですが


いつもニコニコしているので

その冷静な「立ちなさい!」が

やたらと威圧感を感じるのでしょう。






教室に入ると

やはりにこやかに迎えて下さり

「いかがですか?四年生になって…」

と穏やかな口調で話されます。





おそらく

学校ではいい子ぶっている長男の

本性を暴露すべく


自宅での

反抗的な態度や

宿題を済ませた等の嘘

困っている事を話しました。




先生はそれをじっと聞いた後

静かに長男の学校での様子を話されました。





それは

私の知らない学校での長男の姿と

「おそらく」と付け加えて話されたのは

正に長男の性格そのものでした。




クラス30数人の児童一人一人を

ここまで分析して見ているのかと

感心せずにはいられませんでした。




最後に

「(長男)さんは、とても力を持った子だと思います。しかし、それを良い方に向けるのも悪い方に向けるのも、本人次第です。」

と締めくくりました。




先生のお話によると

長男の言動や考え方は

5、6年生と同じようで

とても大人びているということでした。




ホントかな…

あのワガママ発言のどこが大人だろう…

という疑問は飲み込みましたが。






帰り際

「ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。」と

頭を下げながら思いました。






(先生、お腹まわりがちょっと気になるんじゃないかな…)





ウチの主人と一緒に

防風通聖散(お腹の脂肪に効く漢方)」

試してみませんか。