育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

暑さのせいか、愚痴が止まりません

今日は朝からぐんぐん気温が上がり

夏日になりました。




外では

陽射しがジリジリと肌を焼き

肉体的にとっても疲れました。




冷房の効いた部屋で

冷たいおしぼりを額に当て

マッサージチェアに疲れた身体を預け

ひと眠りしたい!


そんな願望に駆られます。




まさかイチ主婦である私に

そんな贅沢が叶うはずもなく




とりあえず帰って窓を開け

入る風に吹かれ

コーラをゴクゴクと飲みました。



乾いた喉に

シュワシュワと炭酸が心地よかったです。







さてさて


先週末に

旧友から連絡をもらっていたのですが


週末は何せ忙しかったので

折り返すのが今日になってしまいました。




彼女と電話で話し始めると

どう短く見積もっても

一時間はかかってしまうので


ある程度の時間をキープしてから

連絡しないとなりません。




今日は子ども達の用事もないので

ゆっくりと話すことが出来ました。





ここのところ

色々なことがあり


ストレスも溜まっていたし

暑くて疲れていたせいもあり


彼女との会話が止まりませんでした。




彼女も彼女で

辛いことが重なり

精神的にも肉体的にも

追い込まれていたので


お互いに

愚痴が止まりません。




愚痴って

他の人(特に旦那)には聞かせられない

暴言を吐くだけ吐いて

聞いては共感し

また暴言…の繰り返し。






そしてスッキリしました!!





彼女とは幼稚園からのお付き合いで

実際に会ったりするのは

年間通して一度か二度。




大体

電話での会話が中心のお付き合いです。




彼女は

昔から物事をハッキリと言える性格で

正反対の性格である私にとっては

必要な存在です。




彼女にとっても

正反対の考え方をする私の存在は

貴重だと言ってくれます。




お陰で気付けば

30数年もこんな風に話しているのには

自分のことながら驚きます。





それにしても今回


私の他にも

似た様な境遇で

同じ様に考えている人間がいるもんだ…

と思うだけで

少し心がラクになるのを感じました。




これといった解決法はありませんが

これで

「明日も頑張ってみるか!」

と思えたということは


時々愚痴を吐き出すのも必要だと

そう実感せざるを得ませんね…。