読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

結婚10年です〜夢の国でお祝い〜

今日で結婚丸10年を迎えました。





昨日は休日だったので

主人の提案で夢の国へ。






普段の結婚記念日は

ほとんど何もしたことがありません。






家族で外食したり、その程度。






10年という節目という事もあり、

今回は主人の気合の入れようが違っていました。






実はまだ1月で、

記念日には2ヶ月も早かったのですが

スイートテンダイヤモンドも頂きました。






思えば

あっという間の10年間でした。





特に8年目まではとても早かったです。






それからの2年間は……







今までに無い

時間の流れ方を感じた2年間であったように思います。





楽しくて、前向きに歩いてきた8年に比べ

後の2年間は

前進しているのか

後退しているのか

それすら判らず



只々

目の前の事を何とかこなしているような

そんなイメージです。





そして、夫婦の在り方を見つめ直した期間でもありました。


 




今まで

夫婦とは平等でどちらが主役でもなく


2人一つの人生でもなく



お互いに1つずつの人生同士が

ただ、一緒に生活しているだけという考え方だったのが





やはり

私は主人の人生をサポートする役割であること。





主人と私は運命共同体であって

例え

主人の負であっても

私も背負わなければいけないということ。





そんな事を少しずつ考えていた2年間でした。






正直、

11年目も明るく笑顔で頑張ろっ!


…なんていう気持ちにはなれませんでした。

   





当初は

自分のこんなネガティヴ思考が良くないと

どうにかポジティブ思考に持っていこうと考えたものですが



 

それを考える事がストレスになってきてしまいました。





だから

今日、主人に宛てた手紙には

そういう気持ちでいる、ということも

ハッキリと伝えさせてもらいました。






私は主人と

出来るだけ永く一緒に居たいと思っています。





特に歳をとってからは

出来るだけ穏やかに、朗らかに。






そうする為の

今は試練なんでしょう。






いつになったら打ち勝てるのかは

誰にもわからないです。




  


でもきっともう少し。






これを乗り越えた時

私はもっともっと強い者になっている筈。