読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児と仕事と…時々家事と。

長男9歳、長女7歳、次男2歳と主人の5人家族です。仕事に育児に追われる中での出来事や感じたことを綴っていきます。

まだ四分咲きの中でのお花見に行きました

今日は

近くの公園でお花見祭りが開催されていました。





かなり大きな公園ですので

お花見祭りの規模も大きく、

大勢の人で賑わっていました。





お祭りは土日で行われましたが

土曜日は生憎のお天気…。




その為か

お天気も回復した今日は

人!ひと!ヒト!!の大混雑。





屋台も沢山出ていましたが

売り切れ続出の大繁盛でした。





我が家も

皆んなで参加しようと予定していたのですが

長女と主人がまさかの


インフルエンザB型発症!!(汗)





二人を置いて

長男、次男、私の3人で行くことになりました。(とても先行き不安なメンバーです)





昼前に着いて

色々と見て回りましたが

とにかく混雑しているので


真っ直ぐ歩くのも困難な程。





それでもお昼頃には、

昼前の混雑なんて、まだまだ序の口だったんだと思い知らされる事になります。





長男の目的は

運動促進イベント会場で行われる

『チャンバラ合戦』でした。




柔らかい素材の剣を使って

相手の肩に付いているボールを落とす戦いです。





とても広い公園なので

そちらの会場まで辿り着くのに

何十分とかかってしまいます。





自転車を駐輪場へ置いて

次男が喉が渇いたとかでジュースを買ったり

野菜が安いから買って行こうだとか


寄り道をしながら

やっとの思いでイベント会場に着きました。





『チャンバラ合戦』の参加申し込みをして

開始まで後40分もあるな…


お昼になったし

屋台で軽く何か食べようかと行ってみると




どの屋台でもズラーッと行列が出来ていました。





さっきまで並んでても10人程だったのに…

もう長蛇の列です。




仕方ないとクレープのお店に私と次男

焼きそばのお店に長男が並ぶことになりました。





暫くすると長男がこちらに戻ってきて



「材料が無くなったから、焼きそばおしまいだって!」




ガーン!




せめてクレープだけでもと

クレープの列に並んでる最中

次男が昼寝を開始!!




次男を抱えて

やっとのことで買えたクレープを食べてる途中で

『チャンバラ合戦』の開始時間になり


味わう間も無く

クレープを口に押し込み、

集合場所へ!!





何とも慌ただしいお花見になりました。




っていうより

あまり桜見てないな……。





ただ、

長男は『チャンバラ合戦』

とっても楽しんでやっていました。





帰りには

焼き鳥など食べながら生ビールといきたかったのですが



来る時よりも

更に!更に!混雑していて

そんな中、子どもを連れて飲む気にもなれず

断念……。





今日は四分咲きくらいだったので

何のイベントもやっていない来週末。


インフルエンザも治って皆んなで

丁度見頃になった桜をのんびり見たいなぁ。



久しぶりにお酒の席で楽しみました

ここのところ寒い日が続いていました。




今日は暖かくなるようで

ポカポカとした陽気を朝から楽しみにしています。





日曜日は

長男の剣道の父母会での食事会でした。




昼間、剣道の紅白試合をした後、

子ども達も一緒に焼き肉屋さんへ。




長男、大好きな仲間達と一緒に焼き肉を楽しんでいました。






そして私もビールを沢山頂きました。





五杯くらい飲んだでしょうか。




他のお母さん方と話しながら

肉を焼いては飲んで食べて。




皆さん

気さくな方々なのに

あまり深入りしない上品な会話が楽しくて。





そういえば

子どもが産まれてから

こんなにお酒を飲んだのも

飲みながら楽しく話したのも初めてだなぁと思いました。




元々お酒を飲む席が好きだったので

久しぶりに楽しかったです。




焼き肉が終わってから

子ども達を帰して二次会へ。




次男がいるので

いつもは遠慮している二次会ですが


日曜は他のお母さん方から主人へ

「奥さんお借りしますよ〜。」と。


半ば強制的に参加という形になりました。





さっき食べたばかりだというのに

何故だか中華料理屋さんでの二次会(汗)




そして更なる深酒へ。




こちらでは

剣道の先生と

お母さん方の中でのボス的存在のお母さんに挟まれて飲むことになりました。




「酒が減ってない!」だとか


「気が利かない!」だとか


散々言われる席でした(汗)(汗)




ちょっとしたイジラレキャラですかね。




そんなポジションに置かれるのは

初めてのことですが

皆さん楽しんでいたし


私も楽しかったので良しでしょう。




帰ると23時近くでした。




子ども達はすっかり夢の中。




主人が全部やってくれたんですね。





ほんの数時間ですが

気分だけ独身時代に戻れたような

楽しい時間でした。




そしてそんな席に参加させてくれた

主人や子ども達にも感謝です。(半ば強制的にですが…)




数人のお母さん達とは

「また行こうね。」と約束しました。




実現するといいなぁ。













春休みに突入します〜通知表の成績が◎〜

3月も終わりだというのに


相変わらず寒いです…。





今年は春が来ないのでしょうか……(涙)





冬服を未だ整理できず…



っていうか、まだ着てますから。





とにかく暖かさが待ち遠しいです。






今日は地域の小学校は卒業式。





我が子達は

3年生と1年生なので

式には参加せず学校がお休みになります。




昨日が修了式だったので

実質今日から春休みのような感じです。





勿論、

修了式ということで

通知表が配られました。





2人ともよく頑張っています。





成績アップでした。





先生のお言葉では




長女の方は、

手を挙げて発表することが増えたこと。


それから

音読がとても上手でスイミーの音読では

まるで本当に魚達が話しているかのように読むことが出来たそう。





あんなに頼りなかった長女が…(涙)


何だか

自分が言われてるより嬉しいお言葉です。





一方長男の方は

算数の計算が正確です。

応用問題も今まで習った計算法を用いて、解くことが出来ました。


それから

誰に対しても良い事は良い、悪い事は悪いと言うことが出来ます。




確かに長男

算数と理科の成績がとても良かったです。




宿題ではあんなに間違えている計算も

テストではちゃんとやるんだなぁと

単純にそう思いました…。




それに誰に対しても悪い事は悪いと言う…




妹とかに言ってるみたいに

すごく強い口調で言ってなければいいなと

とても思いました…。




最後に「バカが!」とか「ふざけんな!」

とか付けて言ってなければいいと思います…。




ちょっとクソ真面目で不器用な

一面があるので

その辺を上手に表現する事が出来ると

もっといいと思います。





とにかく二人とも

見知らぬ土地へ来て一年間。




お友達もたくさん作って


学校行事や勉強も頑張って


とっても偉かったよ。




本当によく頑張りました。


もうすぐ行楽シーズン〜お花が咲いていないのでお団子を食べました〜

実家にお泊まりしました。




主人は

昨日は仕事だったので

一人自宅に居ましたが




朝連絡があり、

「やっぱり、つまんないからそっち行くね!」





そのまま電車に飛び乗り1時間半ー。




やってまいりました…。





つくづく一人で居られない主人です。





せっかく

一人でのんびり出来るチャンスなのに…



いや、

チャンスとは思っていないんでしょう。




休みの日に一人なんて!


あいつら、俺を置いて何処か遊びに行くつもりなんじゃ!?


居ても立っても居られん!


よし!行こう!!




という具合に。





パパまで来たんだったら

何処か行こうかー?


と実家の母が言い出しました。





正に主人の思う壺な展開ですが



桜の季節になると賑わう

太平山神社という所へ

開花はまだですが行って来ました。




こんな季節に行くのは

私達くらいかね〜


なんて思っていましたが、

結構行楽シーズンを待ち切れずに訪れる人々が多く見られました。




お昼も近かったので

名物の地鶏の焼き鳥と卵焼き、それにお団子を食べました。




どれも絶品です!!




特に焼き鳥は

普通に売っている焼き鳥よりも

お肉が大きく、柔らかく、タレの味も最高!




大人3人子供3人で

お店のおばさんもオドロキの

17本をペロリです。




そうして

桜も咲いていない中 

お花見の如く「花よりだんご」を楽しんで来ました。





これは是非

桜の季節にもう一度行きたいですね。





桜の下での

焼き鳥やお団子は更に美味しいことでしょう。




その時は

ビールも追加したいですね。






寒い冬を乗り越え

暖かな季節がもうすぐそこまで来ていますね。

子どもの胎内記憶が凄い!

今日は北関東にある実家に泊まっています。





やはり実家はいいですね。





実の母親が居てくれるというのは

なんとも言えない贅沢です。





子ども達も

ばぁば大好きですから


こちらに来てる間は

私の所に寄ってくる子どもは居ません。





かろうじて

次男は、

兄妹や従兄弟達にいじめられた時だけ寄ってきます。





従兄弟達も

上は今春から高校生から

下は1歳まで幅広い年齢層ですが


実家に来ると

卓球してみたり、ドッチボールしてみたり、

女の子2人は大人しく人形遊びだったりと 

纏まって遊んでいる事が多いです。





姉の所が3人、我が家で3人、弟の所は2人と

集まると大人数です。





しかし

母親は楽しそうにみんなの分の夕食を用意してくれました。





実家っていいなと改めて感じました。    






さて、

寝る前になって

ふと思い出した事があって次男に尋ねました。



  

「(次男)ちゃんはさ、ママのお腹の中に居た時の事、覚えてる?」





「うん?なぁに??」



 


「(次男)ちゃんは、生まれて来る前にママのお腹の中で暮らしてたじゃん?」





「……???」





こう聞いたのには理由がありまして、

長男は胎内記憶というか

生まれ変わる時の記憶がちゃんとある様でした。



例えば

長女の妊娠中

絵本の挿絵で

男の子の絵と女の子の絵を指差して

「今度生まれて来る赤ちゃんどっち?」

と聞くと迷う事なく


女の子の絵を指して

「こっち!」

と言ったり。





次男が生まれて来る一年以上前から

「赤ちゃんはもう1人来るよ。


「3人で手を繋いで降りて来たんだ。」


「(長女)ちゃんと2人で行こうとしたら、僕も行くよ〜。ってもう1人来たんだ。」


僕っていう時点で

男の子だという事も分かっていた様です。




それを聞いて以来

もしかしたらもっと色んな事を知っているのかも!と色んな質問をしましたが 


長女に関しては全然!

長男もそれ以上の事は覚えていないようでした。




もしかしたら、

次男は何か覚えているかも!

と思い、今回の質問に至ったのでした。





「うん…?覚えてない……。





満を辞しての質問でしたが

この一言で片付けられてしまいました。





うーん、そっかぁ。

やっぱりそんな上手くいくわけないか!





でも赤ちゃんの胎内記憶

本当にある様です。





とっても神秘的なお話で

私は大好きです。



我が家の苦労人〜唯一の女の子には感謝してます〜

疲労感が続いています。





家に帰り

少しだけ休憩…とこたつに入って

気付くと眠ってます。





夜になり

お風呂に入って

次男に絵本を読んでいると

睡魔が襲ってきました。





これはちょっと無理かなと思い

ちょうどお風呂から上がった長女に

バトンタッチ!





長女は嫌な顔一つせず

自分の国語の教科書を持ってきて

次男に読んで聞かせます。





えっ?国語の教科書なんだ!?

という突っ込みどころはさて置き、

次男も大人しく聞いていましたから。)

本当に長女のお手伝いには感謝しています。



  


洗濯物の後片付け、

食事の準備、

末っ子らしいワガママな次男の相手。





特に次男の相手は

私より扱いが上手で

まるで保育園の先生です。





ちょっとワガママ言われても

「あら、そういうことしていいんだったかな〜」

と優しく諭す長女にはとても感心させられます。





私だったら

「ダメ!何度言ったらわかるんだ!!」

と言っちゃうシーンなので…(汗)





更に長男からは

「トランプしよう!」と誘われて、

(長男、最近UFOキャッチャーで取ったトランプ大統領のトランプを使いたくて仕方ない様子)


大抵、長男の都合のいいルールに従って

ゲームを進め

案の定負けるという役割も果たしてます。





勝負は目に見えているのに

負けた後

「また負けたーー!!」

という悔しがりのリアクションが

本音なのか演技なのかは

私には判断つきませんが…。





そのリアクションで

長男も優越感に浸り

気分が良くなっていることには間違いはありません。





ワガママな男の子達に挟まれて

苦労かけるなぁと思います。





でも長女

そんな兄と弟のことをとても愛しているようです。





兄に関しては、

自分の中のヒーローであるらしく

テレビで見かける俳優やジャニーズの男性を

「この人、カッコ良くない?」

と言っても

「(長男)ちゃんの方がカッコいい!」

とキッパリ。





いつもトランプやゲームで騙されているのに健気です。





弟のことも可愛くて仕方ない様子で

ちょっとした仕草にキュン死にしていたりします。





そんなこんなで、


ここのところ

仕事で帰りが遅くなり

帰宅してから皆んなが寝るまでの時間、


長女には本当に助けられます。





起きてから仕事に行くまでの時間も

同じくです。





「いつも(長女)ちゃんが居てくれて助かるよ。」

の一言に

嬉しそうな顔を見せる娘。





こんな素直な長女が

この先もずっと素直に育ってくれると良いです。





そして将来、

ダメな男に引っかからないことを心から祈っています。








 



結婚10年です〜夢の国でお祝い〜

今日で結婚丸10年を迎えました。





昨日は休日だったので

主人の提案で夢の国へ。






普段の結婚記念日は

ほとんど何もしたことがありません。






家族で外食したり、その程度。






10年という節目という事もあり、

今回は主人の気合の入れようが違っていました。






実はまだ1月で、

記念日には2ヶ月も早かったのですが

スイートテンダイヤモンドも頂きました。






思えば

あっという間の10年間でした。





特に8年目まではとても早かったです。






それからの2年間は……







今までに無い

時間の流れ方を感じた2年間であったように思います。





楽しくて、前向きに歩いてきた8年に比べ

後の2年間は

前進しているのか

後退しているのか

それすら判らず



只々

目の前の事を何とかこなしているような

そんなイメージです。





そして、夫婦の在り方を見つめ直した期間でもありました。


 




今まで

夫婦とは平等でどちらが主役でもなく


2人一つの人生でもなく



お互いに1つずつの人生同士が

ただ、一緒に生活しているだけという考え方だったのが





やはり

私は主人の人生をサポートする役割であること。





主人と私は運命共同体であって

例え

主人の負であっても

私も背負わなければいけないということ。





そんな事を少しずつ考えていた2年間でした。






正直、

11年目も明るく笑顔で頑張ろっ!


…なんていう気持ちにはなれませんでした。

   





当初は

自分のこんなネガティヴ思考が良くないと

どうにかポジティブ思考に持っていこうと考えたものですが



 

それを考える事がストレスになってきてしまいました。





だから

今日、主人に宛てた手紙には

そういう気持ちでいる、ということも

ハッキリと伝えさせてもらいました。






私は主人と

出来るだけ永く一緒に居たいと思っています。





特に歳をとってからは

出来るだけ穏やかに、朗らかに。






そうする為の

今は試練なんでしょう。






いつになったら打ち勝てるのかは

誰にもわからないです。




  


でもきっともう少し。






これを乗り越えた時

私はもっともっと強い者になっている筈。